カテゴリ:

「部活顧問はブラック労働」という意見に対する元中学校長の見解がひどすぎる件について。教師の仕事は部活の指導じゃない。授業を教えるのが本来の仕事だ。

投稿日:

日本の学校の部活動は、これまで生徒教師の双方(とそれぞれの家庭)に多大なる犠牲を強いた上で成り立ってきました。そのために、部活問題 対策プロジェクトが立ち上がり、部活問題を解決しようと動き出しています。しかし、ネットで話題「部活顧問はブラック労働」 元中学校長の見解│NEWSポストセブンに掲載されている東海地方の元公立中学校校長や野々村直通氏の見解があまりにもひどすぎて反吐が出るので、私なりの反論をここに記します。

部活は教員の仕事ではない!!「情熱がある=残業や休日出勤もこなす・長時間勤務」の理屈も違う!!

  • 「部活顧問が忙しいから家庭崩壊」は確実にあり得る。平日も休日も部活動となれば、その教師は家庭にいないも同然。部活シングルマザー(ファザー)、部活孤児が出てくる。よくもまあ「部活顧問で家庭崩壊はおかしい」という趣旨の発言ができるものだ。
  • とある新任教師の「部活採用でもないのになぜ顧問をしなければならないのか」という発言は正しい。全くそのとおりでございます。部活動の顧問は本来の仕事ではない(から給料も出ない)。教師の本来の仕事は授業を教えることだ。部活動顧問の強制は、無賃労働の強制であり、どこからどう見ても完璧な労働基準法違反(ブラック企業)。
  • 「かつては部活動を熱心にやった人が教員になったから、部活の指導も仕事のうちと考える教員が多かった」という理屈もおかしい。仕事のうちなら給料がきちんと出るはずだし、休みだってきちんと取れるはずだ。4週間で4日の休みがなければ労働基準法違反である。それに部活動の指導は正式な仕事でもない。
  • 記事の最後に「生徒と向き合う情熱のない教師には「師」たる資格はないのではないか。」というフレーズがあるが、「残業や休日出勤をしない(部活の顧問をしない)=労働基準法を遵守している=情熱がない」とでも言いたいのだろうか。記事を読む限りではそのように取れる。無茶苦茶だ。労働基準法を遵守することの何が悪いというのか。残業しない人には情熱がないというトンデモな理屈が認められてはいけない。
続きを読む

「いつでも限界ギリギリ出力での運転」はできない。余力は緊急対処のために残しておくべきものだ。

投稿日:

日本では通常業務を残業で処理させることもありますが、これはおかしいと思います。本来は労働基準法にある「週40時間労働」を守らなければならないのです。

瞬間最大出力と常用出力は違う。瞬間最大出力でずっと運転できるわけがない!!

  • 50メートル競走を全力で駆け抜けるスピードは瞬間最大出力。だがそのペースで42.195キロフルマラソンを走破できるわけじゃない。仕事だって同じだ。
  • 労働基準法は労働者の権利を守るために存在する。労働基準法総則にも、「ここで定めているのは最低条件であるから、労働関係当事者は労働条件を向上させるように努めなければならない。労働条件を悪化させるなどもってのほか。」みたいな感じのことが書いてある。
  • 長時間労働は過去の悪習。短時間で高い成果を出せばそれでいいではないか。人間休まないと働き続けることはできない。休養は大事である!!
続きを読む

なぜ日本人は休みやプライベートを軽視するのか。休みがないと人間まともに動くこともままならないのに。

投稿日:

常々疑問に思います。日本人はなぜこうもプライベートを軽視し、プライベート重視を悪と捉える空気をも作り出してしまったのか。

休むことは人として必要不可欠なことだ。プライベート重視を悪と捉えることは、人として必要不可欠な食事をも悪と捉えることである。

  • 誰だって動けば疲れる。オリンピック選手だって、運動すれば疲れる。疲れたまま無理やり何かすれば、ミスをしたり、怪我や病気になったり、ろくなことがない。だから人間は休みを取る。休むことで体力を回復させ、精神力も回復させて、次の仕事に備える。休むことは、人として必要不可欠なことである。
  • 日本人はなぜだか「休むこと=悪」のひどい等式を頭のなかに刷り込まれる場合がある。しかし実際には真逆。「休むこと=善」である。体調が悪いのに無理して事故を起こすくらいなら、1日休んだほうがよっぽどいい。どうして休むことがいけないこととされるのか、理解に苦しむ。
  • プライベートを充実させることは、精神力の回復に寄与する。人間は休むことで力を蓄え、その力をもって仕事にかかる。休むことを悪と捉えることは、ある意味で食事を悪と捉えることになってしまう。休むことはある種の燃料補給なのだから。1滴のガソリンも給油せずに走り続けることができるガソリン車などあるはずがない。人間だって一緒だ。休んで力を蓄えなければ、仕事に割けるエネルギーが無くなる。
続きを読む

最低賃金で1日8時間×週5日労働した時の賃金で、きちんと暮らしていけるだろうか?

投稿日:

最低賃金は、それで生活できる賃金である必要があります。ごく当たり前のことですが。

最低賃金でまともに暮らせるようにしなければ、ワーキングプアは無くならない

  • 東京都最低賃金を907円に引上げ | 東京労働局より、2015年10月1日以降の東京都の最低賃金は、時給907円である。これで1日8時間×週5日×4週間(≒1ヶ月)働くと、月収14万5,120円(ただしここから所得税や健康保険料が引かれる)。これで暮らせというのは少々酷ではないかと。一人でもかなりきつい。ましてや子供を育てるのは無理。
  • 一方で、東京都で生活保護を受けた場合は、生活保護費の計算方法を初心者向けに解説!あなたはいくらもらえる? | キャッシングのまとめによると、(30歳の単身世帯を想定すると)月8万4,540円+家賃になる。一見最低賃金で労働したほうが収入が高そうに見えるが、生活保護に付属する各種料金の免除措置(NHK受信料や国民年金保険料などは免除される)や、税金等を考慮すれば、実際には最低賃金で労働している方が生活は厳しいかもしれない(NHK受信料は月額1,260円(資料)・国民年金保険料は1万5,590円(資料))。
  • ワーキングプア(働く貧困層)問題を解決するためには、最低賃金を生活賃金にしなければならない。1日8時間×週5日×4週間(≒1ヶ月)の労働時間は160時間(1人月)。1ヶ月160時間労働した時に、きちんと生活出来るだけの賃金を得られるように、最低賃金を引き上げる必要があるだろう。
続きを読む

日本の社会保障システムは機能不全に陥っている。ベーシックインカムを核にした新システムに再編してもいいのではないか?

投稿日:

日本における社会保障システムは、すでに機能不全に陥っていると思います。この現状を打開するために、「ベーシックインカム」の導入を検討する価値があるのではないでしょうか?

ベーシックインカムと社会保障

  • ベーシックインカムは、超適当に言えば「全国民に最低限生き延びるために必要なお金を支給する」システム。
  • 年金や生活保護や雇用保険(失業保険)などはベーシックインカムに一本化できるため、社会保障のシステムは現在よりも簡素になることが期待できる。わかりやすいことはいいことだ。
  • 最低限生き延びる手段がベーシックインカムによって保証されれば、ブラック企業にしがみつく必要はなくなるからブラック企業は淘汰される。「賃金が支払われないが社会的に必要な労働(家事や育児、ボランティア活動など)」も行いやすくなり、結果として暮らしやすい社会になる。
  • 課題はあるが、社会保障システムの再編が必要な現状下においては、ベーシックインカムを核にした新システムの導入を検討する価値はあるだろう。
続きを読む

形式主義と過酷な訓練による残酷ショーに成り下がった消防操法大会は廃止すべき。廃止しないと消防団員の確保はできない。

投稿日:

消防団は、基本的には非常備の消防機関であり、通常は一般市民として本業を持っている人のボランティアによって構成されます(扱いは非常勤特別職地方公務員なので報酬は申し訳程度(報酬・出勤手当 | 消防団に入るには | 消防団によると年額数万円+出動1回毎に数千円)に出ますが微々たるものです)。しかし、消防団の人数は、近年減少傾向にあります(消防団に関する数値データ | 消防団データ集 | 消防団)。そして、今後も消防団としての活動を維持していくためには、消防操法大会を廃止すべきであると考えます。

実際の現場で役に立たないものを練習しても意味が無い!!消防操法大会は廃止せよ!!

  • 消防団員は通常は本業を持っている。→訓練は休日を潰して出ることになる。ならば最小の時間で最大の効果を得られるものにしなければならない。休みがないと人間は壊れる。まあこれは本業でも言えることなのだが。
  • 旧態依然とした儀式は、時間ばかり食らうダメダメな慣習。必要な儀式はあるかもしれないが、それでも団員の負担を最小化するのが最優先であろう。
  • 若い団員を集める必要があるならば、極端だと言われるくらいまで合理化を推し進め、団員への負担をとにかく減らすしかない。現代では合理性が求められる。実践で何の役にも立たない消防操法大会用の練習は無駄の極致。消防操法大会は諸悪の根源なので廃止。
続きを読む