簡単に自サイトに広告を出稿できるサービス「忍者AdMax」

自分のサイトに広告を貼りつけるときに気軽に使えるサービス「忍者AdMax」を紹介します。Google Adsenseとよく比較されますが、18歳未満でも利用可能、R-18サイトやGoogle Adsenseの審査に通らないようなサイトにも広告を出せる、などが主な差別化要素です。

概要

  • Google Adsenseのような審査がない。R18コンテンツのあるサイトにも貼れる(ちゃんと設定すれば)。
  • 設置はタグを貼るだけ。
  • 多彩なサイズに対応。スマホ等向けのサイトにも対応できる。
  • 年齢制限がない。18歳未満は利用不可なGoogle Adsenseとの大きな違いの一つ。
  • ユーザー投稿型サービスにインセンティブプログラムを実装できる「忍者AdmaxDev」もある。

詳細は以下

利用登録

広告を貼るには、アカウント登録が必要になります。このページから利用登録しましょう。18歳未満でも登録可能です。

使い方

利用登録完了後、AdMax管理画面にアクセスします。



ここから広告タグの取得・表示する広告の設定・収益や表示回数の確認などを行います。

広告タグの取得

「広告枠を追加する」ボタンから行います。広告サイズ、表示する広告のタイプ、表示するサイトの情報を入力してタグを取得します。広告枠に登録されたURL(ドメイン)でないと、広告が正常に配信されない可能性がないとはいえないので、正確に入力しましょう。取得したタグは「広告枠一覧」か「タグ・SDK確認」から確認できます。

審査について

広告枠に登録されたURL(ドメイン)が審査の対象になります。コンテンツチェックが行われ(R18かそうでないか、など)、登録された情報と異なる場合は、広告配信が正しくなされない場合があるようです。広告枠を正しく登録し、きちんとコンテンツを作っていれば、問題はないはずです。要は「真面目にやりましょう」ということだと思います。

広告枠設定の変更

設定を変更する必要が生じたときは、「広告枠設定」から変更します。

アドネットワーク追加・編集について(2015年5月末に廃止)

ここでは、忍者AdMaxで標準で表示される広告とは別に、同一タグで表示する広告を設定できます。Google AdsenseやA8.netなどの広告を追加できます。

報酬の確認・払い出し

忍者Admaxのダッシュボードで確認できます。実際の報酬は、1ポイント=0.5円の忍者ポイントで毎月15日頃に付与され、1000ポイント(500円分)以上貯まると払い出しが可能になります。払い出し方法は、銀行口座振込・PEXポイントの2つから選べます。

ポイントの有効期限について

現在のシステムでは、ポイントの有効期限は最終獲得月から1年間です。払い出し可能になったら早々に払いだしてしまうのが安全ではありますが、報酬を獲得し続けている限りは、ポイント失効はないと考えて大丈夫です。

ポイントの交換

忍者ツールズの管理ページからポイント管理ページにアクセスし、交換申請ページから交換申請します。銀行口座振込の場合は、楽天銀行・ジャパンネット銀行への払い出しの場合は手数料無料です。それ以外の場合は、手数料として300ポイント(150円分)が必要になります。PEXポイントへの交換の場合は無料です(PEXからの出金手数料は別途かかります)。

忍者AdMaxfriendsについて

忍者AdMaxの新規利用者を紹介することで、ここから登録した利用者の広告収益の一部が紹介者にも入るシステムです。紹介された人の利益が減ることではもちろんありませんのでご安心ください。忍者AdMaxfriendsに利用登録してタグを取得することで利用できます。

忍者AdmaxDevについて

こちらは完全にプログラマー・WEBサイト管理人向けのサービスになります。ユーザー投稿型サイトにインセンティブプログラムを実装できます。API形式になっており、サイトにつけることで、ユーザーが忍者ポイントをゲットできるようになるシステムです。

忍者AdMaxDev

サービスと技術に自信がある人は、試してみるのも面白いと思います。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: