忍者AdMaxを利用している自サイトに「ads.txt」を設置する

WEBサイト(ブログ等も含む)管理人の中には、忍者AdMaxなどの広告を貼り付けてサーバー代などを調達している方もいるかと思います。今回は、忍者AdMaxを使用する場合の「ads.txt」設置手順について解説します。

もくじ

  • 「ads.txt」とは?
  • 設置手順

「ads.txt」とは?

「ads.txt」の詳細説明については話題の「ads.txt」っていったい何? 広告主なら必ず知っておきたい広告不正の手口と基礎知識 | Web担当者Forum「ads.txt」について知っておくべき 5つの動向 | DIGIDAY[日本版]に委ねますが、とりあえずは「広告から不正を排除するために使用するツールである」ことを認識して頂ければOKです。

ads.txtを自サイトに導入する時は、あるルールに従って記述したテキストファイルに「ads.txt」という名前をつけ、原則として自サイトのルートドメイン直下に設置することになります。

例えば「example.com」というドメインを所有していて、メインコンテンツを「hoge.example.com」に配置している場合でも、ads.txtは「example.com」の直下に置くことになります(サブドメインごとにads.txtの内容を変える場合も、自サイトのルートドメイン直下には必ずads.txtを配置することになります)。

設置手順

通常の手順


まずは忍者ツールズにログインし、「AdMax」にアクセスしましょう。


「広告枠一覧」をクリックしましょう。


「ads.txtを取得」をクリックしましょう。


表示されたテキストをコピーし、「ads.txt」という名前のテキストファイルを作成して書き加えましょう(すでにads.txtを設置している場合はそちらに追記)。その後、「ads.txt」ファイルを自サイトのルートドメイン直下に設置すればOKです。

サブドメインごとに違う内容のads.txtを配置する場合

サブドメインごとに違う内容のads.txtを配置する場合は、自サイトのルートドメイン直下に配置するads.txtに以下のテキストを記述しましょう(「hoge.example.com」の部分は自サイトのサブドメインを記述)。

そして、自サイトのサブドメイン直下には「通常の手順」節の手順で作成したads.txtを設置すればOKです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

モナゲボタン モナゲボタン

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: