危ないサイトを安全にみたい時に便利なサービス「aguse Gateway」

どんな危険なサイトでも100%安全に閲覧できます!というのが謳い文句のWEBサービス「aguse Gateway」を紹介します。

概要

  • WEBサイトの構成要素(文字、プログラム、画像他)を解析し、画像化してユーザー側に渡すサービス。ユーザー側に行くのは画像だけなので100%安全!…という理屈です。
  • テキスト部分はコピペ可能。
  • テキスト・画像リンクで次のページに飛ぶこともできる。
  • マルウェア検出機能あり。


画像で見る形になるので一部使えなくなる機能もありますが、それでもかなり便利です。

使い方



「aguse Gateway」にサイトURLを入力し、必要に応じてチェックボックスをON/OFFしてアクセスすればOKです。ウイルス検知機能を使ってサイトにマルウェアが仕込まれているか確かめるのもおすすめです(その結果を見てどうするかは自己責任の世界になると思いますが)。

裏技?

aguse Gatewayのサーバーにページを見に行く形になるので、学校や企業等アクセス規制が敷かれている環境からもaguse Gatewayを経由することで規制されているサイトを見られたりします。プロキシの一種といえなくもないです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: