VMware PlayerでAndroid仮想マシンをセットアップ!後編の後編

投稿日:2015年05月27日
最終更新日:

このページでは、VMware Playerを使用してAndroid仮想マシンをセットアップする方法を解説します。ここではAndroidインストール完了後のセットアップ(Androidスマホやタブレットの初期設定の部分)の解説を行います。

おおまかな手順

  • VMware Playerをダウンロード・インストール。(前編で解説)
  • AndroidのISOイメージをここからダウンロード。(前編で解説)
  • VMware Playerに仮想マシンを作成する。(前編で解説)
  • Androidをインストールする。
  • Androidの初期設定を行う。

詳細は以下

解説開始のお知らせ

ぼちぼち解説を始めます。



仮想マシンの再生

(重要)仮想マシンの操作

  • 仮想マシンの作業に入るときはCtrl+Gキー。
  • 同じく抜け出すときはCtrl+Altキー。
  • 仮想マシン自体を終了したいときは通常時は上のツールバー→Player→パワー→ゲストをサスペンド。

また、一定時間操作なしの状態だとブラックアウトする(操作受け付けず。復旧は強制リブートのみ)ので注意。



起動中…



ここからはマウスを使います。言語をスクロール(スワイプ?)して選択し、三角マークで次へ



Now loading…



スキップ



無視してスキップ



Now loading…



Googleアカウントを所持しているか訊いてきます。セットアップ中に作成するのは面倒なので、PC側で先に作成しておきます。「はい」をクリック



アカウントのメアドとパスワードを入力します。@(アットマーク)はShift+2で入力可能です。



利用規約に同意し、しばらく待ちます。



ここは好きな様にカスタマイズして次へ



後で行う



正常であることを確認して次へ



必要ならカスタマイズして次へ



OK



設定完了です。あとは好きな様に使いましょう。

最初に変更すべき設定

ここにもはじめに変更したい設定が存在します。具体的には、画面ブラックアウト阻止の設定になります。ブラックアウトしたら最後、復旧するにはVMware側から強制再起動するしかなくなるので、速攻で変更しましょう。



赤枠で囲ったところをクリック



設定



ディスプレイ



スリープ



常時点灯に変更しましょう。設定完了後はホームボタン(下の五角形のやつ)でホーム画面に戻れます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: