WordPressの記事本文も含めてデータベース中の文字列を一括置換できるプラグイン「Better Search Replace」

WEBサイトをHTTPS化する時やリンクタグを書き換えるときなどに、一個一個手作業で書き換えを行うのは苦行というものです。そんな時は「Better Search Replace」というプラグインを頼りましょう。データベース中にある文字列を探し出し、一括置換してくれます。

もくじ

  • 「Better Search Replace」の概要
  • インストール手順
  • 使い方

「Better Search Replace」の概要

「Better Search Replace」は、WordPressのデータベース中にある任意の文字列を検索・置換することが出来るプラグインです。WEBサイトをHTTPS化するときや古いリンクを修正する時など、特定の文字列を全ページで書き換えたい時にはきっと役に立つでしょう。なお、データベースをいじることになるので使用前にデータベースのバックアップを必ず取りましょう。

インストール手順


まずはWordPressの管理画面にアクセスして「プラグイン」→「新規追加」を選択し、「Better Search Replace」で検索をかけましょう。「Better Search Replace」が出てくるはずなので、「今すぐインストール」を押します。


インストールが済んだら「有効化」ボタンを押します。


無事に有効化されました。Better Search Replaceを使う時は、「ツール」→「Better Search Replace」にアクセスします。

使い方

データベースをいじるプラグインなので、使用前にデータベースのバックアップはきちんと取っておきましょう。


Better Search Replaceの画面はこんな感じです。基本的には「Search for」に置換前の文字列(古いURLなど)を、「Replace with」に置換後の文字列(新しいURLなど)を入力し、「Select tables」で文字列の置換を行うデータベースのテーブルを指定することになります。記事本文の文字列を置換する場合は、「wp_posts」だけは最低限選択しましょう。記事本文以外のデータについても置換を行う場合は適宜他のテーブルも選択してください(Ctrlキーを押しながらクリックすることでテーブルを複数選択できます)。

また、「Run as dry run?」のチェックボックスをオンにすると、文字列の検索のみが行われます(置換は実行されません)。実際に置換する時はチェックを外しましょう。「Run Search/Replace」ボタンを押すと、文字列の検索・置換が実行されます。


検索・置換の実行後、画面上部に表示される「Click here」をクリックすると、文字列を検索したときのヒット数と置換が実行された数が表示されます。


こんな感じです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: