Twitterアカウントを持っていれば誰でもBitcoinの受け取り・送金ができるサービス「CoinTip」

最近はすっかり有名になったBitcoinですが、実際に使うためには「Wallet」(Bitcoinなど暗号通貨の財布)を自分でPCにインストールするか、あるいはオンラインウォレットサービスにユーザー登録をする必要が出てきます。当ページで紹介する「CoinTip」を使えば、Twitterアカウントを持っている人であれば簡単な操作でBitcoinの受け取り・送金ができるようになります。

もくじ

  • 「CoinTip」とは?
  • ユーザー登録手順
  • 使い方

「CoinTip」とは?

CoinTipは、Twitterアカウントを持っている人であれば誰でもBitcoinをやりとりできるサービスです。Twitterユーザー同士であれば手数料ゼロでBitcoinを投げあえるので、誰かに祝儀としてBitcoinを送ったり、感謝の気持ちを伝える時にBitcoinを添えたり、あるいは応援したい人に投げ銭…もとい投げBitcoinをするハードルが大幅に下がります。なお、Monacoinにも同様のサービス「tipmona」があります。

ユーザー登録手順


まずはCoinTipにアクセスし、「無料会員登録」を選択しましょう。


ページ下方に利用規約が書いてあるので、それに同意できるならば「Twitterと接続して始める」を押します。


「連携アプリを認証」ボタンを押します。


無事に登録が完了しました。

使い方

Bitcoinをアカウントにチャージする

Bitcoinも勝手に湧いてくるものではないので、誰かにBitcoinを送るためにはBitcoinをチャージする必要があります。まずはCoinTipにログインしましょう。


ログインしたら、マイページの画面左下あたりにチャージ用のBitcoinアドレスが表示されるので、そのアドレスにBitcoinを送り込めばOKです。QRコードをしようしてもいいです。

マイページにログインするのが面倒くさい場合は、Twitterで以下のようにツイートすれば入金用アドレス(文字列とQRコード)がリプライされます。

残高を確認する

自分のアカウントで保有しているBitcoinの残高は、CoinTipのマイページにログインすれば特に何もしなくても一発で表示されます。それすら面倒くさい方は、Twitterで以下のようにツイートすれば残高情報がリプライされます。なお、残高はmBTC単位で表示されます(1BTC = 1000mBTC = 100000000satoshi)。

誰かに送金する


マイページから残高を誰かに送金する場合は、送金相手のTwitterユーザー名(スクリーンネーム)及び送金金額を必ず入力し、必要なら送金と同時に送りたいメッセージを入力して「チップする」ボタンを押せばOKです。

以下のようなツイートをすれば同様のことができます。

残高を引き出す

Twitterユーザー同士でBitcoinのやりとりをする分には面倒な手続きは不要ですが、Bitcoinを自分のWalletに引き出す場合はTwitterで2段階認証を有効化してある必要があります。2段階認証の有効化を済ませた後にマイページの左下あたりにある「チップを引き出す」ボタンを押せば、任意のアドレスに残高を送金できるはずです。

参考リンク

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: