WordPressのリンク切れをチェックする「Broken Link Checker」

投稿日:2015年07月09日
最終更新日:

ページ内にリンク切れがあるのは、いろいろな意味でよろしくない状態です。リンク切れチェックを簡単にできるプラグイン「Broken Link Checker」を紹介します。

概要

詳細は以下

インストール


WordPressでプラグイン新規追加画面に進み、「Broken Link Checker」で検索します。その後プラグインをインストールします。インストール後、有効化してください。

最初に行う設定


有効化後、「設定」→「Broken Link Checker」でBroken Link Checkerの設定画面に移動できます。こちらで最初に設定変更を行います。この画面でリンクチェックの間隔やメール通知、エラーリンクに対するカスタムCSSなどを調整します。チェックの間隔は、あまり小さくするとサーバーに負荷がかかるので、72時間(初期設定)以上にしておくのがいいでしょう。変更後は保存ボタンを押して変更した設定を反映させましょう。


リンクチェック対象画面の選択です。特に説明しなくても大丈夫だと思います。


こちらも特に説明はしませんが、必要なら除外リストの設定を行いましょう。


初期設定のままでいいです。


ここの設定は慎重に行いましょう。サーバー負荷の制限値は1.00あたりに下げたほうがいいかもしれません。あとはサーバーに迷惑をかけないようにしつつ設定しましょう。

使い方


エラーチェック自体は「ツール」→「リンクエラーをチェック」から行います。リンクエラーがなければ特に何もする必要はありません。エラー等が発見された場合は、URLに対してメニューが表示されます。

  • リンクを編集する
  • リンクを解除する
  • リストから非表示にする(リンク切れでない場合)
  • 再確認する
各種ボタンを押してメニューの指示に従えばOKだと思います。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: