電波ソーラー腕時計「CASIO wave ceptor WVA-M630D-7AJF」に搭載されている各種機能の使い方

いつでも時間を確認できるよう、腕時計が必要だという人も多いかと思います。今回はアラーム機能なども搭載している電波ソーラー腕時計「CASIO wave ceptor WVA-M630D-7AJF」に搭載されている各種機能の使い方について解説します。

もくじ

  • 装備されているボタンの解説・操作音を消す方法
  • アラーム機能の使い方
  • 液晶表示の24時間制/12時間制切り替え・ホームタイムの変更・サマータイムの切り替え(別記事で解説)
  • ワールドタイムの確認

装備されているボタンの解説


この腕時計には上の画像のように3つのボタンが付いています。時刻モード(特に何も操作していないときのモード・液晶にはカレンダーor時刻or秒が表示されている)時の各ボタンには以下のような役割があります(設定変更時などには別の役割も果たします)。

  • Aボタン:LEDライト点灯(文字盤を照らす)
  • Bボタン:モード切り替え(2秒以上の長押しで時刻モードへ切り替え)
  • Cボタン:表示切り替え

操作音を消す方法


操作音を消したい場合は、まずはAボタンを3秒ほど長押しし、上の画像のように「ADJ」と表示されたらボタンから指を離してください。この後「12H」または「24H」の表示が点滅するはずなので、それを確認して次の操作を行います。


続いてBボタンを9回押します。そうすれば、「KEY♪」または「MUTE」の文字列が点滅するはずです。


「KEY♪」または「MUTE」の文字列が点滅し始めたら、Cボタンを押して2つの文字列を切り替えます。操作音を出す場合は「KEY♪」に、出さない場合は「MUTE」に切り替え、Aボタンを押して設定変更を確定すればOKです。

アラーム機能の使い方


まずはBボタンを数回押して時計をアラームモードにします。上の画像のように、液晶に「AL」の文字が表示されたらアラームモードです。この後は「ALn OFF(ON) (nは1~5の自然数)」と時刻が交互に表示されると思いますが、その間はアラームモードなので次の操作に進んでください。

CASIO wave ceptor WVA-M630D-7AJFはアラームを5本+時報1本を設定できます。アラームモードに切り替わった状態でCボタンを押すことで、アラームn(液晶表示は「ALn」 nは1~5の自然数 1からカウントアップしていく)→時報(液晶表示は「SIG」)→アラーム…と切り替わり、設定したいものを選ぶことができます。アラーム機能を使いたい場合はアラーム1~5のいずれかを表示させ、Aボタンを3秒ほど押し続けましょう。


まず「時」が点滅するので、Cボタンを押してセットしたい時に合わせてください。時を合わせ終わったらBボタンを押し、次は「分」をCボタン連打で合わせ、合わせ終わったらBボタンを押しましょう。


アラームが鳴る時刻のセットが完了したら、液晶画面には「ALn ON」の文字が点滅し始めるはずです。Cボタンを押すごとにアラームのONOFFが切り替わるので、必要に応じてONOFFを切り替え、Aボタンを押して確定させればセット完了です。

時報のオンオフ

毎時0分の時報をオン・オフする場合は、まずはBボタンを数回押して時計アラームモードにした後でCボタンを押して液晶に「SIG」の文字を表示させ、Cボタンで時報のオンオフを切り替えてAボタンで確定させればOKです。

なお、アラームとして鳴る電子音は、時計のいずれかのボタンを押すことで止まります。

全てのアラームを一斉解除する方法

「CASIO wave ceptor WVA-M630D-7AJF」はアラーム機能も搭載されており目覚まし時計代わりにも使えますが、何かの試験に臨むときなどにはアラームを解除しなければなりません。そのような時は、以下の操作を行って全てのアラーム・時報を解除しましょう。


まずはBボタンを数回押して時計アラームモードにします。上の画像のように、液晶に「AL」の文字が表示されたらアラームモードです。この後は「ALn OFF(ON) (nは1~5の自然数)」と時刻が交互に表示されると思いますが、その間はアラームモードなので次の操作に進んでください。


アラームモードに切り替えたらCボタンを3秒程度(液晶に「ALL OFF」と表示されるまで)長押しすれば、全てのアラーム・時報が解除されます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: