カテゴリ:Windows7からのアップグレード

Windows10に無償アップグレードした後、再びWindows7に戻す手順

投稿日:

Windows10に無償アップグレードしたけれど、やっぱり元のWindows7に戻したい…ということもあります。そのような場合も、アップグレードから1ヶ月経過前であればWindows10に搭載されている機能でOSをもとに戻すことが出来ます。このページでは、Windows10に無償アップグレードした後、OSを元に戻す手順を解説します。

もくじ

  • はじめに注意点
  • 実際の手順
  • あとがき
続きを読む

無償アップグレード後にWindows7/8.1に戻すつもりでWindows10へのアップグレードを行う場合の注意点

投稿日:2016年05月04日
最終更新日:

無償アップグレードを使ってWindows10にした後、さっさとWindows7/8.1に戻すつもりでアップグレードを敢行する人もいるかもしれません。一回Windows10への無償アップグレードをかければ、そのマシンには(無償アップグレード期間終了後も)Windows10を再インストールできる(ただしインストールメディアは2016年7月28日までに自作する必要あり)ので、PC延命のために一度Windows10アップグレードを実行しておくのは有効かと思われます。しかしながら、アップグレードする上では注意しなければならない点もあるので、本ページで解説します(公式サイト等からも情報収集することをおすすめします)。

もくじ

  • アップグレードに必要なマシンスペック
  • アップグレード前にするべきこと
  • アップグレード後の注意点
続きを読む

使用しているCPUがWindows10に対応しているかを確かめてみる

投稿日:

Windows10を実行するには、CPUがPAE,NX,SSE2といった機能をサポートしている必要があります(64bit版の場合は更にCMPXCHG16b,LAHF/SAHF,PrefetchWをサポートしていることを要求されます)。しかし、CPUの型番を調べて対応しているかどうか確かめるのも面倒くさい!というものぐさな方は、Microsoft提供の「Coreinfo」というソフトを使って確かめてみましょう。

もくじ

  • Coreinfoのインストール
  • Coreinfoを実行する
続きを読む

Windows10に無償アップグレードしたPCは、2016年7月28日以降もWindows10再インストールが可能(ただしインストールメディアは2016年7月28日までに作成する必要あり)

投稿日:2016年04月08日
最終更新日:

何としてもWindows10へのアップグレードを推し進めたいMicrosoftと、なんとかしてアップグレードを阻止(先送り)したいWindows7/8.1ユーザーの戦いが続いているのはWindowsユーザーの多くが知っているのではないでしょうか。しかし、無償アップグレードが可能な期間は2016年7月28日に終了することと、Windows7のサポートが2020年1月に終了することを考えれば、そろそろWindows10へのアップグレードを検討すべき時期に差し掛かっているのではないかと思います。

もくじ

  • Windows10にアップグレードするメリット・デメリット
  • ライセンスの扱いや無償アップグレード期間経過後のWindows10再インストールなど
  • 結局どうすればいいの?
続きを読む