テストサーバー構築。CentOS6の仮想マシンのセットアップ その2

VMware Playerを利用して、CentOS6のテストサーバーを構築するやり方を解説します。

手順の目次

  • はじめに(前回記事参照)
  • VMware Player,CentOS6の用意(前回記事参照)
  • 仮想マシンのセットアップ(準備)
  • 仮想マシンのセットアップ(本番)(次回以降解説)
  • SSH接続の確立(次回以降解説)
詳細は以下

仮想マシンのセットアップ(準備)

下準備が完了し、いよいよセットアップです。


VMware Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成」


「後でOSをインストール」


ゲストOSは、「Linux → CentOS 64ビット」


仮想マシン名・場所とも、管理しやすいものにします。ディスク容量に余裕があるところに配置したいところです。


ここは好みの問題です。推奨容量以上確保できれば適当でいいでしょう。私は各種実験で使いまくる予定なので大きめの数値にしました。


「ハードウェアをカスタマイズ」


カスタマイズ内容:

  • メモリ:4GBに増量(ホストマシンとの兼ね合いで適切に)
  • プロセッサ:3コアにスペックアップ(ホストマシンとの兼ね合いで(略))
  • CD/DVD:下準備で作成したISOイメージを指定
  • ネットワークアダプタ:ブリッジに変更
結構私の好みが入っています。。。

ともかく、カスタマイズ後、「完了」します。VMware Playerの最初の画面に戻るはずです。仮想マシンのセットアップ(本番)に続きます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: