CentOS7でip6tableの設定を行う

投稿日:

インターネットに接続するために必要なIPv4アドレスが枯渇した現在、緩やかながらIPv6への移行が進んでいます。なので、CentOSのサーバーのファイアウォールは、IPv4向け(iptables)のみならず、IPv6向け(ip6table)も設定するべきです。…CentOS7ではデフォルトのファイアウォールソフトがiptablesから変更されていることは気にしないでください。

もくじ

  • 基本的な設定
  • 設定例
  • 設定ファイル記述後の操作

基本的な設定

設定の書き方とかの基本的なところはおおむねiptablesと一緒です。開けるポート、閉めるポートもだいたい同じです。というわけで早速設定編集に映ります。

これでip6tablesの設定ファイルを開けるので、後は概ね普段通りの設定でいいでしょう。文法はiptablesと同じです。ただし、iptablesのときに「icmp」と記述していたところが「ipv6-icmp」になっているようです。その他の違いは当方では確認されませんでした。

設定例

以下が記述例になります。必要に応じて書き換えて下さい。

設定ファイル記述後の操作

設定ファイルの記述が終わったら、ip6tablesを起動させ、サーバー再起動と同時にip6tablesも立ち上がるように設定します。

参考サイト様

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: