CentOS7の仮想サーバー構築にチャレンジ その10

CentOS7の仮想サーバー構築にチャレンジ その9 の続きです。延々続いたこのシリーズも、そろそろ終盤です。ここからはサーバー構築シリーズの仕上げとして、MySQLを導入し、WordPressの稼働を目指します。

もくじ

  • CentOS7 ISOファイルの入手(その1)
  • VMwareの準備(その1)
  • 仮想マシンの作成(その1)
  • CentOS7のセットアップ(その2)
  • 初回ログイン(その3)
  • ファイアウォール(iptables)(その4)
  • sudoの有効化(その5)
  • リモートからのrootログインの禁止設定(SSH)とセキュリティ強化(その5)
  • Apacheのインストール(その6)
  • WEBサーバーとして運用するための設定(その7)
  • SFTPによるファイルのアップロード(その7)
  • PHPのインストール(その8)
  • ユーザーディレクトリでWEBサイトを公開する(その8)
  • PHPをCGIモードで(ユーザー権限で)動かす(その8)
  • デフォルトパーミッションの変更(その9)
  • php.iniと.user.ini(その9)
  • MySQLの導入(その10)
  • phpMyAdminのインストール(その11)
  • WordPressのインストール(その12)

MySQLの導入

折角PHPを導入したならば、MySQL(データベース)も導入して、WordPressを使ってみたりとかしたいわけです。というわけで、早速コマンドを打っていきます(参考サイト→Centos7でmysql のインストールとインストール時のエラー対処 – Qiita MySQL 5.7 をインストールしたら最初に行うセットアップ | WEB ARCH LABO)。

まずはmariaDB(CentOS7にはデフォルトで入っている)を削除します。mariaDBが存在している状態でMySQLを入れると競合するので。

mariaDBを削除したら、次はMySQLのリポジトリを入れます。まずはこちらのページにアクセスして下さい。


ページ下方にこんな感じのメニューが有ります。CentOS7を使用しているので、「Red Hat Enterprise Linux 7 / Oracle Linux 7 (Architecture Independent), RPM Package 」の「Download」ボタンを押します。


こんな感じのページになるので、「No thanks, just start my download.」の文字列のところのURLをコピペします。Firefoxの場合はリンクを右クリック→「リンクのURLをコピー」を選択します。その後、次のようなコマンドを打ちます。

リポジトリを入れ終わったら、MySQLのインストールになります。

途中でなにか訊かれることがあると思いますが、yで通して下さい。インストールが完了したら、次のコマンドでバージョンを確かめましょう。

MySQLが無事にインストールされたことを確認したら、Apacheの時と同様、自動起動の設定をしましょう。

続いてデフォルトの文字コードをUTF-8にします。コマンドは以下

追記したら保存し、MySQLを起動します。

特に何かエラーメッセージが出なければ起動成功です。ここからはphpMyAdminを導入する前段階の準備です。以下のコマンドを打ちます。

初期パスワードを確認後、以下のコマンドを打っていきます。

パスワードのセットが終われば後はy連打でなんとかなりそうな感じです。上記の流れはあくまで一例です。パスワードは各自できちんと設定しましょう。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: