CentOS7でNTPサーバー(chrony)を構築してシステム時刻を日本標準時に自動同期する

サーバーのシステム時刻が実際の時刻とずれていると、色々と問題になることが有ります。NTPサーバーを構築してシステム時刻を日本標準時に自動同期してみましょう。

もくじ

  • chronyのインストール
  • chronyの設定
  • iptablesの設定
  • 自動起動の設定
  • (余談)CentOS7自体のタイムゾーン設定と時刻を確認するコマンド

chronyのインストール

それでは早速NTPサーバー構築作業に入りましょう。今回はchronyを使います。以下のコマンドを打てば一発でインストールできます。

chronyの設定

インストールできたら早速設定に移ります。

ぶっちゃけNTPサーバーを追加しただけです(今回は日本標準時プロジェクト 公開NTPインターネットマルチフィード時刻情報サービス for PublicのNTPサーバーを追加しました)。設定を追記し終えたら保存しましょう。

iptablesの設定

ファイアウォールにiptablesを利用している場合は、以下のようにしてNTP用のポートを開放します。

NTPではUDPポートの123番を使います。

自動起動の設定

最後に自動起動を有効化する設定を行い、chronyを起動します。

これでNTPサーバー構築が完了し、サーバーのシステム時刻が日本標準時に自動同期されるはずです。

参考リンク

(余談)CentOS7自体のタイムゾーン設定と時刻を確認するコマンド

CentOS7のタイムゾーンは以下のコマンドで確認できます。

時刻確認は以下のコマンドで行います。

参考リンク

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: