子育ても介護も、家族でやるのはもう限界。介護士や保育士が足りないのは、給料や休みが少ないからに他ならない。介護士や保育士の給料を月給で10万は上げる必要がある。

まず、介護職の給料なぜ安い 理解されにくい専門性  :日本経済新聞によると、介護員の平均月給は22万円程度とのこと。全産業平均で33万円弱であることを考えると、異様なまでの低さです。保育士も保育士で、保育士平成26年の給料&年収-年収ラボによると平均月収22万でこれはひどい。

子育てや介護を家族で担える時代は終わった

  • 少子高齢化、核家族化が進み、共働きも増加。もはや家庭に子育てや介護の負担を丸投げするのは無理ゲー。子育てや介護は、各種サービスをフル活用して行うべきものになった(その結果、保育所や特別養護老人ホームが足りなくなった)。
  • 子育ても介護も家庭の仕事だという人もいるが、それだと介護離職問題などがますます深刻化するし、子育ても介護も休みは絶対に必要だ。家庭内だけで全てを賄う発想は限界が来ている。
  • 介護職や保育士の不足を解決する最大の特効薬は、やはり給料を増やすことではないだろうか。月給ベースで10万円増やせば、(休みもセットで増やせば)人は来るはずだ。

給料が少ないと将来設計もままならない→人が来ない

給料が少ない少ない言われる介護業界や保育士などは、本当に給料が少ないです。冒頭でも触れましたが、全産業平均の月収は33万円弱。これと介護職や保育士の給料を比較します。

  • 介護員の給料…月収22万円程度(11万円低い)
  • ケアマネージャーの給料…月収26万円程度(7万円低い)
  • 保育士の給料…月収22万円程度(11万円低い)
…はい、マジで低すぎです。介護員も保育士も人命を預かる仕事だというのに、異常なまでの給料の低さです。平均でコレですから、低いところはもっと低いということです。物価が安くてもコレで暮らせというのはかなり厳しいのではないかと。人が集まらないのも当然です。

んで、給料が安いままだと、自分だけならまだしも、家族を養うのは相当大変です。将来設計など出来るはずがありません。離職者が多いのもうなずけます。そして、これからますます人員が必要になるのも、介護職や保育士です。ではどうすれば人が集まるのか。答えは簡単、「給料と休みを増やせばいい」のです。

給料と休みを増やすというのは、おそらくどのような職場でも、人を集める上で有効なアプローチだと思います。 大半は給与面の問題なのだが という記事にもありますが、現代を生きる上では、やはりお金が必要です。給料を増やすのは、どのような仕事でも、人を集める上で有効なやり方です。そして、休みを増やすというのもまた有効なやり方です。貰える給料が同じなら、休みが多い(労働時間が短い=そのぶん時給が高くなる)ほうが嬉しいですから。

家庭内介護/子育ての限界と、介護職・保育士不足を解消するためのアプローチ

これまでは、子育ても介護も、「家庭内の仕事」とされてきたと思います。しかし、家族の形態は様変わりし、また多様化も大きく進みました。家庭のみで子育てや介護を行うのはもう無理でしょう。だから待機児童問題や、介護施設不足の問題が発生しているのです。子供を保育所に預けたり、介護が必要になったお年寄りが老人ホームに入居したりデイケアサービスを使ったりすることによって、子育てや介護の仕事を外部委託しているのです。子育ても介護も、家庭内だけでやろうとすればいつか限界がきます。その果てが虐待問題や介護殺人だと思います。そのような悲劇を防ぐためには、子育てや介護に携わる人にも休みを与える必要があるのです。そのためにも、子育てや介護を外部委託する必要があるのです。

そして、介護職や保育士の人がいなければ、子育ても介護も外部委託することは非常に難しくなります。介護職や保育士は、激務な割には給料が安い・休みがないということで、人がなかなか集まらなくなってしまいましたが、給料と休みを増やせば、この問題は解決に向かうのではないかと思います。給料を平均月収30万円、休みは完全週休2日を保証するようにすれば、人はそれなりに集まるはずです。財源問題はありますが、介護職・保育士の給料引き上げと休みの保証は必ず行わなければならないと思います。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: