便利なボタン型ランチャー「CLaunch」

さっと便利に使えて、相対パス対応でUSBメモリにインストールしたソフトも起動できるランチャー「CLaunch」を紹介します。

概要

  • 相対パスに対応しており、USBメモリ等にさまざまなアイテムと一緒に入れて使うことで速攻でそれらアイテムを呼び出せる。
  • ボタン型・ページ切り替え型ランチャー。マウスホイールでページを切り替えられる。
  • ポータブル版・インストーラ版あり。

インストール

公式サイトからソフトをダウンロードします。32bit用と64bit用があるので、自分の環境に合わせてダウンロードしましょう。ダウンロードしたファイルを直接実行して(インストーラ起動)もいいですし、解凍してポータブル化してもいいです。

インストール手順

ダウンロードしたファイルを直接実行



インストール先とオプションを指定して次へ

あっけなくインストールが終了します。

ポータブル化手順

ダウンロードしてきたファイルを、適当なアーカイバで解凍します(7-zipなど)。解凍して出てきた中身のCLaunch.exeを実行すればOKです。Setup.exeを起動するとインストーラが起動します。

使い方

デスクトップの任意の位置をダブルクリックするか、ウィンドウ右下の隅にマウスカーソルを移動するとランチャーウインドウが現れます。



新規メニュー登録は、対象をドロップするか(この場合左上の資格をクリックして黄緑にして表示永続にする)右クリック→アイテム登録で対象の場所を指定します。シャットダウンメニューやデバイスマネージャなどの特殊メニューも登録できます。ランチャーウインドウ上でマウスホイールを回すとページが切り替わります。一度にたくさん表示できなくても、これでたくさんのアイテムを登録できます。

細かい設定

タスクトレイのCLaunchアイコンを右クリック→オプションから設定を変更します。ここで自分好みの設定に思い切りカスタマイズしましょう。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: