日本語対応のBitcoin取引所「coincheck」

日本語対応で最短10分でBitcoinを購入できる取引所「coincheck」を紹介します。

概要

  • メールアドレスのみで登録可能。
  • 日本円の入出金にはSMSによる電話番号認証が必要。認証後、銀行振り込みで1日50000円まで入金可能。出金も同じ。1日1万円を超える日本円の入出金には本人確認が必要になる。
  • 信用取引システムがある。現時点での最大レバレッジは2倍。詳しいシステムは後述。
  • 最小取引額は0.001BTC。
  • 2016年11月より、coincheckでんきにて電気代のBitcoinによる支払いが可能となる予定。

利用登録

このページから利用登録できます。メールアドレスとパスワード決めて入力し、アカウント作成をクリックしてください。登録したメールアドレスに認証メールが届くので、メールに記載されているURLにアクセスしたら登録完了です。

SMS認証

日本円の入出金を行う(50000円/日まで)ためには、SMS認証が必須です。50000円/日を超える場合は、本人確認書類アップロードによる本人確認が必要になります。



CoinCheckにログインし、設定→電話番号認証から、SMS認証を行います。SMS番号を入力し、入力した番号にSMSで届く認証コードを入力して認証します。非推奨ではありますが、当方ではHeyWireで取得した番号で認証を行いましたが、無事完了しました。

入力した番号形式:+1(国コード) 番号(3ケタ)-(3ケタ)-(4ケタ)

SMSで届いたメッセージ:coincheck: (認証コード)

日本円の入出金を考えている場合は、最低限SMS認証までは済ませておきましょう。

取引(通常)



取引画面はこんな感じです。板をにらみつつ注文を出していきましょう。下にチャートや取引履歴が表示されます。

入出金

ウォレット→各入出金ページから行えます。Bitcoinの入出金は本人確認なしでも行えます。日本円の入出金は、SMS認証を済ませれば50000円/日まで、本人確認書類に確認を完了させれば50000円/日オーバーも可能になります。

信用取引について

他のユーザーからBitcoinを借りることで、最大2倍のレバレッジをかけることができます。最大レバレッジこそ低めですが、FXの暗号通貨版です。

Bitcoinを他のユーザーから借りる形態なので、0.05%/日の利子を支払う必要があります。また、借入の期限は15日です。15日経過後は、ポジション維持のための借り入れが自動で行われ(オート借り換え)、借り入れができなかった場合は返済のためにポジションが決済される場合があります。

証拠金維持率(証拠金/借入額)が40%を下回ると、メール通知が入ります。25%を下回ると、借入返済のために強制決済(いわゆるロスカット)が行われる場合があります。また、投資した資金を超える損失が発生した場合は、損失分の入金も必要になります。

何となくまとめ

  • レバレッジ最大2倍で取引が可能。
  • 他のユーザーからBitcoinを借りる形になる。0.05%/日の利子を支払う必要があり、15日まで借り入れ可能(期限が切れたらオート借り換えorロスカット(?)して返済)。
  • 証拠金維持率40%を下回ると警告メール。25%を下回るとロスカット発動の場合あり。

また、信用取引で使用されるBitcoinを貸し出すこともできます。貸出利率は0.05%/日(手数料によって実質0.0425%/日)・単利です。

システム上、元本保証がない点には注意する必要があります(貸出概要ではマージンコール(追証)(証拠金維持率80%未満で警告メール送信)・ロスカット(強制決済)(証拠金維持率50%未満で発生の可能性あり)によって大抵は回収されるとのこと)。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: