CSSで色を指定する形式メモ

このページは、WEBサイトを制作するとき、CSSで色を指定するやり方についてのメモです。

もくじ

  • 16進数カラーコード
  • RGBa形式
  • HSLa形式

16進数カラーコード

16進数の6桁で色を指定します。赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の3色の強さをそれぞれ16進数2桁(10進数で0~255の256段階)で指定し、これを並べて6桁のカラーコードとします。なお、この形式の場合は先頭にハッシュ記号(#)を付けます。

この形式はHTML内で一部分の文字の色を指定するときなどにも使用可能であり、また古くから使われている方式なので、閲覧者が古いブラウザを使用していても対応可能です。但し、透明度の指定には非対応です。

RGBa形式

こちらは透明度の指定にも対応している方式です。赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の3色の強さをそれぞれ10進数1桁~3桁(0~255の256段階)で指定し、さらに透明を0(完全に透明)~1(完全に不透明)の数値で指定します。

HSLa形式

この形式では、色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Lightness)、そして透明度を指定します。色相は10進数で0~360の数値を指定し、サイド・明度は百分率(0%~100%)で指定します。透明はRGBaと同様に、0(完全に透明)~1(完全に不透明)の数値で指定します。HSLa形式による色指定はCSS3で実装されたので、古いブラウザではこの形式に非対応な場合があります。

参考リンク

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: