ドメインの取得日などの情報を調べてみる

サイト運営において、普段はあまりドメイン情報を気にすることはありませんが、なんだかんだで気になる時もあります。そんな時に使えるサービスドメイン検索を紹介します。

概要

  • ドメイン名を入力すると、そのドメインの取得日や有効期限、ネームサーバー、所有者情報などを調べることができる。
  • Linuxなどでコマンド「whois hoge.com (hoge.comに自分のドメイン名を打ち込む)」を実行すれば、同じものを表示できる。ドメイン検索では、whoisコマンドを代わりに実行し、結果を表示している。

使い方


まずはドメイン検索にアクセスしましょう。アクセスしたら、「ドメイン・IPアドレス」入力欄に、調べたいドメイン名を入力し、「ドメイン・IP情報 Search!」ボタンを押します。


結果はこんな感じで表示されます。英語表記が多いですが、頑張って読みましょう。

  • Domain Name…そのまんまです。ドメイン名。
  • Registrar…ドメイン取得業者になります。
  • Name Server…ドメインのネームサーバーです。
  • Updated Date…最後にドメインを更新した日です。
  • Creation Date…ドメイン作成(取得)日です。
  • Expiration Date…ドメインの有効期限です。期限が切れる前に、余裕を持って更新しましょう。
下の方にスクロールしていくと、Whois情報(ドメイン所有者の情報)や、最初の方に出てきた情報のもっと詳しいやつ(Creation Dateとかが時刻まで表示されている)が出てきます。このようにして、ドメイン所有者の情報も調べることができるのです(なのでドメイン取得業者の中には「Whois公開代行」というサービスを提供し、利用者の個人情報が漏れ出さないようにしているところもあります)。

余談

私のブログで使用しているドメイン「itniti.net」は、2014年の2月に取得しました。なんだかんだで、このドメインも使用開始から2年が経過しました。。。ドメイン取得業者には、スタードメイン(Netowl)を利用しています。無料で使えるWhois公開代行サービスがあり、ICANN公認レジストラでもあるので、それなりにおすすめできる業者です。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: