文法に厳格すぎる日本英語が英語嫌いを量産しているのかもしれない

日本の英語教育は、英語嫌いを量産する仕様なのかもしれません…

伝えたい事がきちんと伝われば、そこまで文法ミスを咎めなくてもいいのでは?

  • 三単現のsを付け忘れて0点。文法的に完璧な文章にしないと0点。言いたいことは伝わっても容赦なく0点。これではやる気が失せる。量産型英語嫌い日本人学生の第一歩か。
  • 英語学者なら文法も完璧を求められるかもしれないが、中学高校レベルの英語でそこまで完璧を求めなくてもいいと思う。相手に伝わればそれで良し!!
  • そして、大学受験に英語がある(それもかなり重要なポジションに)ことが、中学高校の英語教育に縛りをかけている部分もあるし、それによる弊害もある。英語偏重な大学入試も見直しが必要なのでは?

小学校と中学校の決定的な断絶が英語嫌いを生み出す!?

日本においては、中学校から本格的に英語教育が始まります(最近は小学生から?)。一番最初に触れた時のイメージは、その後も長く残り続け、何か決定的な出来事がなければ、そうそうイメージが変わることはないでしょう。英語好きになるのも、英語嫌いになるのも、中学英語次第だと思います。そして、今の日本の英語教育は、英語嫌いを量産する糞仕様になっていないか、という問題があります。

小学校で英語に触れた時、英語を文法通りに正しく読み書きすることを要求された人はいるのでしょうか。私にはそのような記憶はありません。英語嫌いになる過程で過去の英語体験が脳内から消去されたのかもしれませんが。しかし、中学校になると、突然文法事項が入ってきたり新単語が入ってきたり。単語は話すのみならずきちんと書けるようにしなければならないというすさまじいギャップが発生。とにかく小学校と中学校の英語には決定的な断絶があるのではないかと思います。英語の中1ギャップです。英語嫌いを量産するためにこのギャップが有るとしか思えません。悪魔です。

確かに、文法教育も、ある程度は必要だと思います。言語の仕様がわからなければ、流石に使えません。しかし、テストで文法に拘り過ぎて、実際に使うときに萎縮してしまっては、何のために文法を教えたのかっていう話です。文法を教えるのは、言うまでもなく、言語を使いこなして、他人と意思の疎通を図るためです。しかし、現在の教育システムでは、英文法はテストで赤点を回避するため、入試を突破するために学ぶ、ということになると思います。実際に使うのかどうかは関係なく、ただ赤点回避のためだけに学ぶのはかなり辛いものがあります。英語嫌いを量産する地獄です。

英語好きを量産するためには、いっそのこと英語を入試の必須科目からなくすか!?

現在の日本の大学入試センター試験は、国語(200点)+地歴公民(最大2科目・1科目100点)+数学(最大2科目・1科目100点)+理科(最大200点)+外国語(独仏中韓は筆記のみ200点、英は筆記200点+リスニング50点)…といった科目構成になっています。(参考資料2015年度以降の大学入試センター試験科目について|大学入試情報|Kei-Net)センター試験においても、外国語(英語)はそれなりに重要な地位を占めています。ちなみに、英語は筆記+リスニングで合計250点になりますが、何らかの規則で200点満点に換算(独仏中韓に合わせるため)される場合も多いです。

大学入試で英語が課されるということは、少なくとも高校での英語の授業は(特に進学校では)、大学入試に縛られることになります。それによって、英語の授業を変えようと思っても、大学入試のことを考慮するとなかなか変えにくい…という面もあるかもしれません。そして高校入試で英語が課されれば同様にそれが中学校の英語の授業に縛りをかけ…結局必要な改革が行えない。これはひどい。

そして、高校での英語の授業は原則として英語で行うという方針(資料PDF)も、少々無理があるのではないかと思います。英語が苦手な人にしてみれば、訳の分からないことをこれまた訳の分からない言語で説明されるわけですが、それで内容を理解できるはずがありません。格差は広がるばかりです。そして英語嫌いな生徒はますます英語が嫌いになり、英語を学ぶ目的は、赤点回避(と入試をなんとか凌ぐこと)の一点だけになってしまいます。かくして英語嫌いな生徒には「英語=苦行」の等式が頭に埋め込まれ、それが正しく子供に継承されれば、もう英語嫌いのDNAが完成です。

上級学校の入試に縛られた結果、英語がつまらない授業、分からないものがますます分からなくなる授業になってしまう。これでは英語を教える意味が果たしてどこにあるのかという話になりかねません。現状を打開するには、いっそのこと入試の必須科目から英語を撤廃してしまうというのも一案だと思います。外国語は選択科目として、外国語学部などの入試の時だけに課すようにすれば、少なくとも現在のような英語地獄は幾分緩和されるのではないかと思うのです。学校教育で英語嫌いを量産しても意味がありません。入試の縛りから解放され、英語を純粋に楽しめるようにすれば、もう少し全体的に英語力は向上するのかなと思う今日このごろです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: