FirefoxでHTTP/1.1とHTTP/1.0を切り替える方法

最近のブラウザは殆どがHTTP/1.1に対応しています。基本的には、普通にブラウジングするときの通信はHTTP/1.1で行われるはずです。が、何らかの事情でHTTP/1.0でアクセスした時の挙動を確かめたい場合もあります。そんなわけで、FirefoxでHTTP/1.1とHTTP/1.0を切り替える方法を解説します。

目次

  • バージョン切り替えのやり方
  • 注意点

バージョン切り替えのやり方


Firefoxで新しいタブを開き、アドレスバーに「about:config」と打ち込んでEnterキーを押します。


「細心の注意を払って利用する」


検索バーに「network.*.ver」と打ち込めば、こんな感じで「network.http.version」と「network.http.proxy.version」の2つが表示されると思います。この2項目を編集します。


右クリックして「値の変更」


半角で「1.0」と入力してください。これでHTTP/1.0接続になります。検証作業が終わったら、同様の手順で「1.1」に戻してください(これでHTTP/1.1になります)。

注意点

この操作は、Firefoxの根幹に触れます。作業は最新の注意を払って行ってください。不具合が発生しても当方では一切責任を負いません。また、HTTP/1.0での検証作業が終わったら、(テスト専用ブラウザでない限りは)必ずHTTP/1.1に戻すようにしましょう。HTTP/1.0のままだと、ブログのコメント欄などが利用できない場合があります(実際に当ブログでは、HTTP/1.0でのコメント投稿はできないようにしてあります)。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: