Firefoxのライブブックマークをバックアップできるようにするアドオン「OPML Support」

投稿日:

Firefoxでは、ライブブックマークを利用してWEBサイトの更新情報を受信する機能が搭載されています。本ページでは、ライブブックマークのインポート・エクスポートを可能にするFirefoxアドオン「OPML Support」を紹介します。

もくじ

  • OPML Supportの特徴
  • インストール手順
  • 使い方

OPML Supportの特徴

このアドオンは、OPML形式でのブックマークとライブブックマークのインポート(復元)・エクスポート(バックアップ)を可能にします。操作は基本的に日本語で行えます。他のRSSリーダーに引っ越す時などにもフィードを1つ1つ追加する手間がなくなるので便利です。

インストール手順


Firefoxでアドオンのインストールページにアクセスしましょう。「Firefoxに追加」ボタンを押すと、アドオンのインストールが始まります。


「インストール」


「今すぐ再起動」ボタンを押して、ブラウザを再起動しましょう。

使い方


まずはブックマーク表示ボタンまたはCtrl+Shift+Bで、「履歴とブックマークの管理」画面を表示させましょう。

データのバックアップ(エクスポート)


バックアップを取る場合は、「インポートとバックアップ」→「OPML エクスポート」ボタンを押します。


エクスポートするものは、

  • Everything(通常のブックマークとライブブックマーク)
  • Only Live Bookmarks(Feeds) (ライブブックマークのみ)
  • Only Bookmarks(ブックマークのみ)
…の3つから選べます。「Everything」にしておけば、通常のブックマークとライブブックマークのバックアップがいっぺんに取れるので便利です。後はお好みでオプションを選択し、「OK」ボタンを押します。


バックアップは適当な場所に保存しましょう。

データの復元(インポート)


データを復元するときは、「インポートとバックアップ」→「OPML インポート」ボタンを押します。


バックアップしたデータを指定しましょう。


復元オプションを選択して、「OK」ボタンを押します。量が多いと復元には時間がかかりますが、気長に待ちましょう。しばらく待てば、復元作業が終わるはずです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: