楽天での買い物をげん玉経由で行ってポイントを二重取りする

投稿日:2016年05月31日
最終更新日:

このページでは、楽天での買い物をげん玉(ポイントサイト)経由で行うことによって、同じ買い物でポイントを二重取り(楽天スーパーポイント+げん玉のポイント)する方法を解説します。 ↑ここからげん玉の利用登録をするだけで250ポイントをゲット!

もくじ

  • げん玉経由で買物をする手順
  • 買い物時の注意点
  • ポイント二重取りが可能になる理屈を少しだけ解説

げん玉経由で買物をする手順

まずはげん玉の利用登録を済ませて下さい。まだ登録していない方はこちらから行いましょう。このリンクから利用登録するだけで250ポイント(25円相当・規定額以上貯めれば現金化も可能)をゲットできます。登録とログインを済ませたら次のステップに進みましょう。また、ブラウザのCookieとJavaScriptが有効になっていることを確認し、無効の場合は有効化して下さい。


ログイン後、「お買い物で貯める」ページにアクセスします。左カラムの「定番ショップ」にある「楽天市場」をクリックするかカーソルを合わせ、利用するショップ(楽天市場、楽天ブックス、他色々)をクリックします。今回は楽天市場を利用します。


「サービスを利用してポイントGET!!」と書かれたボタンを押して楽天市場にアクセスします。


楽天市場のページが出てきました。この後は基本的には普段通りの手順で買い物をすればOKですが、いくつか注意事項もあるので、下記「買い物時の注意点」もご確認下さい。また、利用方法の注意点についてはげん玉側にも説明書きがあるので、本ページでの解説とげん玉側での説明に差異がある場合は、げん玉側での説明を優先して下さい。

買い物時の注意点

げん玉に限らず、ポイントサイト経由で買い物を行う場合は注意点があります。

  • ポイントサイトでの説明書きをキチンと読み、正しい手順でお買い物をするようにしましょう。
  • ブラウザのCookie及びJavaScriptが有効な状態で全てのアクションを行って下さい。この二つが無効な場合は、買い物をしてもポイントサイト側で買い物回数としてカウントされず、ポイントも貰えずじまいとなる可能性があります。
  • 二品以上のお買い物の時は、一品お買い物が完了するごとに再度ポイントサイトから楽天市場にアクセスするようにしましょう。これを怠った場合、二回目以降のお買い物がポイントサイト側でカウントされない可能性があります。
  • 言うまでもありませんが、不正はしないようにしましょう。不正が発覚した場合、ポイントサイトのアカウントを抹消される可能性があります。当然ながらポイントも無効になります。
注意点を守り、正しい手順でお買い物をするようにしましょう。

ポイント二重取りが可能になる理屈を少しだけ解説

本ページで解説している手順でお買い物をした場合、お買い物をした人は2箇所からポイントを受け取ります。楽天とげん玉です。楽天でお買い物をすれば楽天スーパーポイントをもらえますし、げん玉経由で各種サービスを利用すればげん玉のポイントを貰えます(こちらは現金化可能)。げん玉経由で楽天市場を利用することで、ユーザーとしては一度のお買い物で沢山ポイントを貰えてウマウマですが、それが可能になる理屈を少しだけ解説します(詳細は当サイト別ページにて)

楽天市場(に限らずポイントサイトに掲載されている各種サービスの提供業者)はげん玉にお金を払い、げん玉でサービスを宣伝してもらい、ユーザーを流してもらいます。ポイントサイトから流れてきたユーザーが自社サービスを利用すれば、サービス提供業者はそこから利益を得ることができるので、宣伝費用(ポイントサイトに払ったお金)を無事に回収できるというわけです。げん玉(ポイントサイト)は各種サービス提供業者から貰ったお金を使ってユーザーにポイントを還元し、自社従業員の人件費等もそこから支出します。サービス提供業者とポイントサイト、そしてユーザーの全員にきちんと利益が発生するシステムであるため、ポイントの二重取りが可能になるわけです。

↑ポイントサイトに興味を持った方はこちらから登録してみましょう。ここから登録するだけで250ポイント(25円相当・一定額以上貯めれば現金化可能)を獲得できます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: