「Github」の利用登録手順

ソフトウェア開発時にソースコードを管理するためのサービスとして使われる「GitHub」の利用登録手順について解説します。

もくじ

  • 「Github」とは何か
  • 「Github」利用登録手順

「Github」とは何か

「Github」は、ソフトウェア開発時にソースコードを管理するためのサービスです。特に複数名でプログラムを組み立てる場合はソースコードをどのように管理するかが問題になりますが、「誰がどのファイルを修正した」などの情報も合わせて管理できるツールに「Git」というものがあります。

Gitではリポジトリ(ソースコードや編集履歴などのデータ)をリモートとローカルの2箇所に配置し、使い分けて開発作業を行います。このうちのリモートのリポジトリを管理するために使用されるサービスが「Github」です。Githubは無料でも利用できますが、ソースコードを非公開にしたい場合は有料プラン(7ドル~/月)を契約する必要があります。

「Github」利用登録手順

それでは、GitHubにアクセスして利用登録を行いましょう。


ユーザー名を決め、メールアドレスとパスワードを入力したら「Sign up for GitHub」と書かれたボタンを押しましょう。


ユーザー名が既に使用済みだった場合などはこのような画面が表示されます。慌てずに必要な情報を修正し、「Create an account」ボタンを押しましょう。


無料プランと有料プランのどちらかを選択しましょう。おそらく解説は不要ですが、「free」とついている方が無料プランで、ドルマークがついている方が有料プランです。ここでは無料プランを選択し、「Continue」ボタンを押します。


なにやらアンケート画面らしきものが出てきましたが、今回は「Skip this step」を押してスルーします。


利用登録は完了しました。後はアナタ次第です。ガイドを読んでもいいですし、新しいリポジトリを作ってもいいです。


なお、登録したメールアドレスにはこんな感じの認証メールが来るので、メールに書かれているURLにアクセスして認証を完了してください。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: