定番のアクセス解析サービス「Google Analytics」のはじめかた

WEBサイトを運営する上で、PV数やユーザーのサイト滞在時間、1セッションあたりの閲覧ページ数などの情報は今後の運営方針を考えるために必要となってきます。アクセス解析サービスにも色々ありますが、今回は定番である「Google Analytics」のはじめかたを解説します。

もくじ

  • アカウント登録(ログイン)+初回WEBサイト登録手順
  • アカウント・WEBサイト(追加)登録手順
  • WEBサイト側での設定

アカウント登録(ログイン)+初回WEBサイト登録手順


まずはGoogle アナリティクス公式サイトにアクセスし、自分のGoogleアカウントでログインしましょう。Googleアカウントがない人は新しく作成してください。


ログインしたら、このような画面が表示されるかと思います。「お申込み」をクリック


こんな感じの登録画面が出てくるので、必要事項を入力していきましょう。

  • アカウント名…任意の文字列を入力しましょう。Googleアカウント名と異なるものでも大丈夫です。
  • ウェブサイト名…アクセス解析対象となるウェブサイト名を入力するのがベストかと思われますが、自分がわかれば別名でもいいです。
  • ウェブサイトのURL…アクセス解析対象となるウェブサイト(のトップページ)のURLを正しく入力しましょう。
  • 業種…アクセス解析対象となるウェブサイトに該当するカテゴリーを選びましょう。よくわからない場合は「その他」でもいいです。
  • レポートのタイムゾーン…ここで設定したタイムゾーンに従ってアクセス日時が記録されます。在住国(サイト所在国)に合わせて設定しましょう。
その下にあるデータ共有設定を適当に設定し、「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。


在住国の利用規約を読み、「同意する」ボタンを押します。


一連の作業が無事に終わったら、トラッキングコードが表示されます。これを解析対象の全ページに貼りつければOKです。貼り付け方については「WEBサイト側での設定」という見出しで始まるセクションで解説します。

トラッキングコードの再表示


トラッキングコードを忘れた場合は、慌てず騒がずGoogle アナリティクス公式サイトにアクセスして自分のGoogleアカウントでGoogle Analyticsにログインした後、「管理」ボタンを押しましょう。


「アカウント」でトラッキングコードを取得したいWEBサイトの情報を管理しているアカウントを選択し、「プロパティ」でトラッキングコードを取得したいWEBサイトを呼び出したら、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」の順にクリックすれば、トラッキングコードが表示されます。

アカウント・WEBサイト(追加)登録手順


Google AnalyticsのアカウントやWEBサイトを追加登録する場合は、Google アナリティクス公式サイトにアクセスして自分のGoogleアカウントでGoogle Analyticsにログインした後、「管理」ボタンを押しましょう。ちなみに、1つのGoogleアカウントでGoogle Analyticsのアカウントを最大100個まで取得でき、1つのGoogle Analyticsのアカウントで最大50個のWEBサイトの情報を管理できます。

アカウントの追加


Google Analyticsのアカウントを追加する場合は、アカウント名が表示されているところをクリックし、「新しいアカウントを作成」ボタンを押します。その後登録画面が出てくるので、初回登録時と同じ要領で必要事項を入力し、登録してください。

WEBサイト(プロパティ)の追加


使用中のGoogle Analyticsのアカウントで解析するWEBサイトを増やす場合は、プロパティ名が表示されているところをクリックし、「新しいプロパティを作成」ボタンを押します。


新しいWEBサイトを登録する画面が出るので、必要事項を入力していきましょう。

  • ウェブサイト名…アクセス解析対象となるウェブサイト名を入力するのがベストかと思われますが、自分がわかれば別名でもいいです。
  • ウェブサイトのURL…アクセス解析対象となるウェブサイト(のトップページ)のURLを正しく入力しましょう。
  • 業種…アクセス解析対象となるウェブサイトに該当するカテゴリーを選びましょう。よくわからない場合は「その他」でもいいです。
  • レポートのタイムゾーン…ここで設定したタイムゾーンに従ってアクセス日時が記録されます。在住国(サイト所在国)に合わせて設定しましょう。
入力が完了したら、「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。


こんな感じでトラッキングコードが表示されるので、解析対象のWEBサイトの全ページに貼り付けてください。

WEBサイト側での設定

トラッキングコードを取得できたら、これをWEBサイトに貼り付ける必要があります。WEBサイトの骨組みたるHTMLは、だいたい以下のような構造です。

Google Analyticsのトラッキングコードは、</body>タグの直前に貼り付けるのが良いかと思われます。HTMLは頭から読み込まれるので、HTMLファイルの後方に配置することで描画速度への影響を最小限にするべきです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

モナゲボタン モナゲボタン

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: