様々な形態でスクリーンショットを撮れる「Greenshot」

選択範囲だけキャプチャーしたり、アクティブウィンドウだけキャプチャしたりできるスクリーンショット撮影ソフト「Greenshot」を紹介します。

概要

  • アクティブウインドウ撮影、選択範囲撮影などの他に、IEの画面をスクロールせずに前半位撮影する機能もあり。
  • 「リストから選択してウインドウをキャプチャー」機能搭載。
  • インストーラは日本語非対応。本体はそこそこ日本語対応。

詳細は以下

インストール

Vectorのダウンロードページからソフトをダウンロードします。EXE版とZIP版があるので、好きな方をダウンロードします。ZIP版の場合は、適当な場所に解凍して中身を起動します。EXE版の場合はダブルクリックで起動します。



このままOKします。残念ながら、インストーラは日本語非対応です(本体はそこそこ対応)。



Next



I accept the agreementしてNext



Next



インストール先を指定してNext



Full installationを選択するかスクロールして日本語のチェックボックスをオンにするかしてNext



プログラムグループを指定してNext



Greenshotを常駐させないならチェックを外してNext



Install



Finish

使い方・日本語化

起動したら、タスクトレイにアイコンが出るはずなので、とりあえずクリックします。



Preferencesをクリック



Langageを日本語にすれば、日本語表示になります(一部英語のままの場所もありますが)。

せっかく日本語表記にしたので、ここで一気に設定を変えてしまいましょう。



まずは、同じ画面のホットキー設定を変えます。変えたい場所にカーソルを合わせ、ショートカットとして使いたいキーを押していけば変更できます。

他に変えるべき場所はキャプチャー・撮影後の操作です。ここを変えれば、とりあえず設定終了です。あとは必要に応じてで構いません。

設定し終えたら、あとはガンガン好きな様に使い倒しましょう!

機能としては、「リストから選択してウインドウをキャプチャー」というものがあります。アイコンをクリックした時に出るメニューで、これを使うことによって対象の画面に切り替えることなく(撮影時に自動で切り替わりますが)スクリーンショットを撮影できます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: