Google Analyticsの使い方

このページでは、アクセス解析サービス「Google Analytics」の使い方を解説します。

大まかな説明

  • GoogleアカウントでGoogle Analyticsにログイン。
  • 必要事項を入力してトラッキングコードを取得。
  • トラッキングコードを解析対象ページに貼りつけて解析開始。

詳しく説明

Google Analyticsにログイン

Google Analytics公式ページから、自分のGoogleアカウントでログインします。ない場合は作成してください。

解析サイトを追加



ログイン後にこんな画面が表示されると思います。申し込みボタンをクリック



必要事項を埋めていき、トラッキングID取得ボタンを押します。



利用規約が表示されるので、在住国のものにして読み、同意ボタンを押します。



一連の作業を無事に完了させたら、トラッキングコードが表示されます。これを解析対象の全ページに貼りつければ解析がスタートします。貼り付ける場所はHTMLのBodyタグ内の一番最後あたりがオーソドックスだと思います。

解析結果をみる

レポートタブから解析結果を閲覧できます。閲覧できる情報はセッション数、ユーザー数、PV(ページビュー)数、ページ/セッション、平均セッション時間、直帰率、新規セッション率などがあります。左サイドからさらに詳細な情報にアクセスできます。たとえば、サイト内でたくさん閲覧されているページを把握したい場合は、行動→サイトコンテンツ→すべてのページで各ページのPV数や平均滞在時間などを確認できます。

それぞれの言葉の意味

よく出てくるものだけ適当に説明します。

  • ページビュー(PV)数…閲覧回数(同一ページ複数回でもカウント)。多いほどよい(大抵は)
  • セッション…ユーザーがサイトに積極的にかかわっている状態。多いほどよい(大抵は)
  • 直帰率…1ページだけ見て離脱する訪問数の割合。少ないほどよい(大抵は)
  • 平均ページ/セッション…1回の閲覧で閲覧されたページ数。多いほどよい(大抵は)
  • 新規セッション率…新規ユーザーの割合

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: