ブラウザ上で多種多様なプログラミング言語のコードをテストできるサービス「Ideone」

プログラムが正しく動くかテストしようとしても、テスト環境を構築するのが面倒な時もあります。そんな時は、ブラウザ上でコードを実行できる「Ideone」を使いましょう。

もくじ

  • 「Ideone」の概要
  • 使い方

「Ideone」の概要

Ideoneは、ブラウザ上で様々なプログラミング言語のコードをテストできるサイトです。Bash,C,C++,C#,Java,PHP,Perl,Ruby,Python,SQLなどなど、多様な言語に対応しています。ユーザー登録しなくても利用できるので、テスト環境の構築が面倒なときなどのために、覚えておいて損はないと思います。

使い方

まずはIdeone.com – Online Compiler and IDE >> C/C++, Java, PHP, Python, Perl and 40+ other compilers and interpretersにアクセスしましょう。


こんな感じの画面が表示されるので、必要な物をガシガシ入力していきましょう。まずは画面左下にあるボタンから使用するプログラミング言語を選択します。プログラミング言語選択後、テストするコードを「 enter your source code…」と書かれた入力欄に入力しましょう。必要であれば、標準入力に流す文字列を「enter input (stdin) 」と書かれた入力欄に入力しましょう。なお、テストしたコードは公開されるようなので、気になる人は下の公開範囲設定も変更しましょう。準備が整ったら、「Run」ボタンを押して実行します。


実行結果は、こんな感じで表示されます。標準入力に流し込んだ文字列は「stdin」に、標準出力に出てくる文字列は「stdout」に表示されます。また、画面左側に表示されるURLをシェアすれば、コードの実行結果を他人と共有できます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: