非常に多様な形式に対応している圧縮解凍ソフト「Lhaforge」

統合アーカイバプロジェクトのDLLを利用してさまざまな種類のファイルを圧縮・解凍するソフト「Lhaforge」を紹介します。

概要

  • 右クリックから利用可能な圧縮・解凍ソフト。
  • 解凍時のフォルダ作成設定をカスタマイズ可能。

詳細は以下

インストール

Vectorのダウンロードページからソフトをダウンロードします。ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動します。



次へ



注意書きを読んで次へ



インストール先を指定して次へ



確認して次へ

この後も画面の指示に従って作業してください。

使い方

インストール作業をひと通り終わらせてしばらく待てば、設定画面が出ると思います。変更の必要があるのは「右クリックメニュー」「圧縮共通設定」「解凍共通設定」の3つです。あとは必要になったらで構いません。

右クリックメニュー

ファイルを右クリックした時の挙動をここで設定します。Lhaforgeをメインに据えて使用するなら、とりあえず右クリックメニューを有効化しておきましょう。自分の使用スタイルに合わせてカスタマイズするのもお勧めです。

圧縮共通設定

ファイル圧縮時の挙動をここで設定します。圧縮時の出力先は、自分の使用スタイルに合わせて変更しておきましょう。あとは必要に応じて変更していきましょう。

解凍共通設定

ここの設定も重要です。出力先は、自分の使用スタイルに合わせて変更しておきましょう。解凍後のフォルダ作成設定もここでできるので、頑張って設定することをおすすめします。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: