URLの正規化に使う「link rel=”canonical”」タグ(自サイト内の重複コンテンツ対策)についてメモ

WEBサイトを運営していると、どうしても複数のURLに同じページが出来てしまう場合があります。301リダイレクトを仕込んで任意の1ページに統一するという手もありますが、それが出来ない場合にURLの正規化を行う場合に使うのが、「link rel=”canonical”」タグです。

もくじ

  • 「URLの正規化」とは
  • 「link rel=”canonical”」タグで出来ること
  • 「link rel=”canonical”」タグの使い方
  • 「link rel=”canonical”」タグの使い所

「URLの正規化」とは

「URLの正規化」とは、ざっくり言えば「複数のURLからアクセスできる1つのコンテンツについて、1つの正規URL(検索エンジンに登録させるURL)を設定すること」です。

WEBサイトを運営していると、1つのコンテンツに対して複数のURLが出来てしまう場合があります。これを放置していると検索エンジン(Google先生など)はURLごとに別々のコンテンツであると認識してしまう場合があり(コンテンツは1つなのに複数扱いされてしまう)、そうなると1つのコンテンツに対する評価が分散したり、最悪の場合は「コピーコンテンツ(=低品質のページ)だ」と認識されてしまいます。これではアクセスを集めることが難しくなります。

そのような状態に陥らないためには、1つのコンテンツに対して1つの「正規URL」を定め、検索エンジンには正規URLのページのみを登録させるように設定する必要があります。この作業を行うことによってコンテンツの評価が分散・低下することを防ぐことができます。

「link rel=”canonical”」タグで出来ること

「link rel=”canonical”」タグを使えば、URLを正規化し、検索エンジンに登録させる正規URLを定めることが出来ます。1つのコンテンツに対して複数のページが生成されているようなときでも、検索エンジンで表示させるURLを統一でき、コンテンツに対する評価が分散することも防げます。但し正しく設定しなければ検索エンジンに正規URLを正しく伝えることが出来ず、効果を発揮しません。

「link rel=”canonical”」タグの使い方

ここまで「link rel=”canonical”」タグと書いてきましたが、正しく言えば「link要素のrel属性の値(リンクタイプ)が『canonical』であるタグ」です。具体的には以下のように書かれます。この例では正規URLが「http://example.com/」になっていますが、実際に使う場合は各コンテンツの正規URLを入力します。

このように、「link rel=”canonical”」タグはHead要素内で使います。Body要素内に書いても意味が無いので気をつけましょう。また、できればHead要素の中でも上の方に記述するようにしましょう。そうすることによって検索エンジンのクローラーがより早く正規URLを認識でき、より確実に処理してくれるようになります。

「link rel=”canonical”」タグを使う際は、以下の点に気をつけましょう。

  • 必ずHead要素内に書く
  • できればHead要素内の上の方に書く
  • URLは絶対URLで書く
  • 1ページにつき1個だけ書く(2個以上書かない)
  • ページの中身(コンテンツ)が違う場合は使わない

「link rel=”canonical”」タグの使い所

「link rel=”canonical”」タグでURLを正規化すれば、1つのコンテンツが複数のURLで表示されるような状態でも、検索エンジンに登録させるURLを1個に統一できます。このタグは、以下のような時に使用すると有効と思われます。

  • ブログなどで、複数のカテゴリに同じ記事を関連付けた時(同じ記事にアクセスするURLが2つ以上になる)
  • PC向けページとスマホ向けページのURLが異なる場合

逆に、「link rel=”canonical”」タグを使用しないほうが良い場合もあります。

  • 1つのコンテンツが複数ページに分割されている場合(各ページの内容は異なる)
  • カテゴリーページから個別記事のページに向けて「link rel=”canonical”」を仕込む場合
「link rel=”canonical”」では、正規URL(検索エンジンに登録させる=表示させるURL)を設定するので、「link rel=”canonical”」の設定元ページは(自身を正規URLにしている場合を除いて)検索エンジンには表示されなくなります。コンテンツが重複していない場合は、「link rel=”canonical”」は使用しないほうが良いでしょう。

参考リンク

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: