無線LANルーター「Aterm WG1200HS」のファームウェアを更新するやり方メモ

投稿日:2016年04月04日
最終更新日:

NECより発売されているWi-Fiルーター「Ateamシリーズ」のファームウェアに脆弱性が発見され、悪意ある第三者のWEBサイトにアクセスした時にAteamシリーズの製品の再起動や設定変更が行われる可能性があるとのことです(Aterm製品におけるセキュリティ向上のための対処方法について|サポート技術情報|目的別で探す|Aterm(エーターム)サポートデスク)。というわけで、ファームウェアのアップデートにチャレンジしましょう。

もくじ

  • ファームウェアアップデートの注意点
  • Aterm WG1200HSにおけるファームウェアアップデートの手順(オンラインバージョンアップ)

ファームウェアアップデートの注意点

ファームウェアのアップデートは、失敗すると機器が起動しなくなったり、不具合が発生したりすることがあります。メーカーの公式サイトか何かに正しい手順が書いてあるはずなので、それに従ってアップデートを行うようにしましょう。実際に私も過去に注意書きを無視してファームウェアアップデートを行い、その機器は見事に使えなくなりました(爆)

Aterm WG1200HSにおけるファームウェアアップデートの手順(オンラインバージョンアップ)

Aterm WG1200HSは「オンラインバージョンアップ」機能を搭載しているため、ファームウェアのアップデートを簡単に行なえます。インターネットに接続している必要がありますが、大抵の場合Wi-Fiルーターはインターネットに接続して利用していると思われるので、特に問題はないでしょう。それではルーターの設定画面に接続しましょう。適当なブラウザを起動し、アドレスバーに「http://192.168.10.1/」と打ち込めば設定画面が出てくるはずです。


無事に設定画面が出てきたら、左カラムの「ファームウェア更新」をクリックしましょう。


オンラインバージョンアップの「更新」ボタンを押します。押したらしばらく何もせずに(ルーターの電源を切らずに)待ちます。

無事にファームウェアを更新できれば、ルーターの自動再起動後にWi-Fiが使えるようになるはずです。

参考リンク

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: