suPHPの導入のやり方 メモ

CentOSのサーバーにsuPHPを導入するやり方のメモ書きです。

手順のもくじ

  • suPHPのダウンロード
  • suPHPのコンパイル・インストール
  • suPHPの設定
詳細は以下

詳しく解説

suPHPのダウンロード

suPHPの公式ページから、ファイルをダウンロードしてきましょう。当方が確認した2015年8月7日時点での最新版はVer.0.7.2です。Tera Termなんかでサーバーにログインし、適当な作業用ディレクトリに移動してから でソースコードをダウンロードします(suphp-0.7.2.tar.gzのところはバージョンアップがあったら適宜置き換えてください)。その後、 ここまでのコマンドを打っていってください。

suPHPのコンパイル・インストール

次に、suPHPをコンパイルする準備をします。 このコマンドで、コンパイルに必要なパッケージを入れます。パッケージのインストールが完了したら、 このコマンドはおまじないです。当方の環境では、これをやってからこの後の操作を行うとうまくいきました。必要性は(先ほどのパッケージと並んで)謎です。ここから、、 この3つのコマンドを上から順に打っていってください。正常に終了すれば、インストール成功です。

suPHPの設定

インストールが完了しても、まだまだ作業は続きます。むしろここからが本番です。Vimを使って作業するので、必要なら当サイトのメモ(見難いかもしれない)か「Vim 使い方」でググルかしてVimの使い方マニュアルを引っ張りだしておきましょう。まずは設定ファイルを用意します。なお、
  • httpdのユーザーはapache
  • バーチャルホスト設定ファイルは/etc/httpd/conf.d/vhost.confにある
  • バーチャルホストでセットする利用ユーザーはhoge1,hoge2
とします。 ここから設定ファイルを編集していきます。(変更箇所のみ・一応上から記述) ここまで完了したら、バーチャルホスト側の設定になります。 編集内容はこんな感じになります。あくまで設定例です。必要に応じて変更してください。 こんな感じでバーチャルホストごとに設定します。私の場合はこの後/etc/httpd/conf.d/php.confを無効化しました。これも必要性は謎です。ともかく設定作業が終わったら、 でApacheを再起動します。正常に稼働すれば成功です。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: