Monacoin新アルゴリズム移行は無事完了。マイナー(採掘者)たちはASICpool.infoに集結しているので他プールへの移動を。

前々から話題になっていたMonacoinの新アルゴリズムへの移行ですが、2015年9月26日の20時20分頃に、45万ブロックを突破し、新アルゴリズムへ無事に移行しました。

今日の目次

  • アルゴリズム移行の影響
  • マイナー(採掘者)たちとアルゴリズム移行の関係
  • ASICpool.infoへのマイナーの集結

アルゴリズム移行の影響

今回のアルゴリズム移行が行われた経緯としては、やはり送金遅延問題が大きいと思います。Monacoinは、通常においては90秒程度で1認証されます(1ブロック採掘)。そして、大抵の場合は認証が6回(6ブロック採掘)されれば、送金が受理されます。ゆえに90×6=540秒(9分)程度で送金の認証が終わるはずなのですが、アルゴリズム変更前は、最悪の場合は3時間を余裕で超える送金遅延が発生していました。この現象の発生原因はこちらの記事で解説しますが、ともかくそんな状況が続くのはまずいと思ったのか、アルゴリズム変更が行われました。

ユーザーにとっては、アルゴリズム移行前にMonacoinクライアントの更新作業や利用サービスの引っ越しなどいろいろありましたが、全体的にはプラスの変更になったと思います。現時点では、少なくとも1時間を超えるような送金遅延はほぼ発生しなくなり、久々の安定環境です。ちなみに、アルゴリズム移行時にはAskMonaにて変更を見届けるトピックが立ち、さながら実況スレッドのような感じになったりしました。祭りの跡地はこちら

マイナー(採掘者)たちとアルゴリズム移行の関係

さて、ユーザーにとってプラスに働くはずのアルゴリズム移行ですが、マイナー(採掘者)たちにとっては、立場によってプラスにもマイナスにも働くことになります。GPUマイナーたち(ScryptのASICの普及・マルチプールの参入・日本の高い電気代等で衰退)にとっては久々の祭りといった感じでしょうか。そもそもマルチプールを弾く(?)ためのアルゴリズム変更ですから、これもある意味当然です(日本の電気代では厳しい面もありますが)。

一方で、ASIC使いたちには逆風です。Monacoinの採掘には使えなくなったので、別コインに移動するなどしないとASICを活かせません。彼らがこれからどうするのかは気になるところではあります。

ASICpool.infoへのマイナーの集結

GPUマイナーたちにとっては祭りモードなわけですが、彼らがどこのプールを使うか。あまりにも1箇所のプールが採掘シェアを握りすぎると(目安としては51%以上)、それはそれで問題になります。この記事を執筆している地点(2015年9月29日18時頃)では、ASICpool.infoが3分の2を占めています(これでも改善した方で、一時は9割以上を占めていたこともあります)。ASICpool.info運営サイドからも、他プールへの移動を呼びかけています(移動先は現時点ではVIP Pool,MONACOINPOOL.COM,LA Monacoin Poolのうちのどれかになります)。もっとも、現在採掘効率が高いのもまたASICpool.infoでの採掘になるのもまた事実です。その辺りは難しい問題ですが、将来的には解決に向かうと思っています。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: