Bitcoind/MonacoindをCentOS7で使用する時、Firewalldで必要なポートを開ける方法

当ブログでは以前、CentOS7でのBitcoind/Monacoindのインストール及びサーバー起動時の自動再起動設定のやり方について解説しましたが、そのときにはファイアウォールとしてiptablesを使用していることを前提に解説しました。今回はファイアウォールとしてFirewalldを使用している場合のポートの開け方について解説します。

もくじ

  • 設定ファイルの作成
  • 設定の反映(ポート開放)

設定ファイルの作成

Firewalldでは最初から主なサービス(SSHやHTTPなど)が定義されているので、定義済みのサービスについては

などのコマンドで簡単に設定できます。ただ、当たり前といえば当たり前なのですが、Bitcoind/Monacoindのサービスはまだ定義されていないので、定義ファイルを自作します。サービスの定義ファイルは/usr/lib/firewalld/services/にあるので、どれか適当なサービスのものをコピーして書き換えるのが手軽です。

なお、Bitcoind/Monacoindを使用する際には、デフォルトでは以下のポート番号を開けることになります。別の番号を割り当てても構いません。

  • Bitcoind
    • P2P接続(ブロックチェーンの同期に使用)…8333
    • RPC接続(外部から、あるいはPHPなどでCoindを操るときなどに使用)…8332
  • Monacoind
    • P2P接続…9401
    • RPC接続…19402

とりあえずHTTPの定義ファイルを流用してBitcoind(Monacoind)の定義ファイルを作ることにします。

こんな感じのファイルが開かれたと思います。「short」と「description」はBitcoind(Monacoind)であることが分かるように書き換え、ポート番号はCoindが使う2ポートの番号を指定します。

書き換え後はこんな感じになります。ポート番号はP2P用とRPC用の2つを指定します。書き換え終わったら保存しましょう。

設定の反映(ポート開放)

定義ファイルの作成が終わったら、以下のコマンドでポートを開けます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

モナゲボタン モナゲボタン

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: