自分のWEBサイトに合いそうな広告を自動的に案内してくれるASP「もしもアフィリエイト」

自分で運営しているWEBサイトから収益を生み出すとき、Google AdSenseや忍者AdMaxを使えばWEBサイトにタグを埋め込むだけである程度の収益を得られるようになります。そして、更に収益を確保したい時にはいわゆる「アフィリエイト」を行うわけですが、今回は自分のWEBサイトに合いそうな広告を自動的に案内してくれるASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の「もしもアフィリエイト」を紹介します。

もくじ

  • 「もしもアフィリエイト」の特徴
  • 利用登録手順

「もしもアフィリエイト」の特徴

もしもアフィリエイト」はいわゆるASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の一つであり、WEBサイト運営者はASPにユーザー登録して任意の広告を選んで自分のWEBサイトに広告を貼り、何かしらの成果(会員登録、商品購入etc.)が発生したら報酬を貰えるようになっています。ASPにも色々ありますが、もしもアフィリエイトには以下のような特徴があります。

  • 「自動マッチング」システム(登録された情報を元に自分のWEBサイトに合いそうな広告を自動的に提示してくれるシステム)がある…自分で広告を探さなくても合いそうな広告に出会える
  • WEBサイト運営者自身が申し込むことが可能な広告もある…人柱レビューでの集客も可能
  • アフィリエイトサイト作成ツール「さいつく」がある…自分のWEBサイトが無いユーザーでも始められる
  • 報酬は1000円以上(住信SBIネット銀行の場合は1円以上)貯まったら払い出される(振込手数料はなし)
  • WEBサイト運営者の年齢に関する規定はない
既に自分のWEBサイトを持っている人も、まだ自分のWEBサイトを持っていない人でもユーザー登録してアフィリエイトを始めることができます。

利用登録手順


まずはもしもアフィリエイトのTOPページにアクセスし、「無料で新規登録」を選択します。


まずは自分のメールアドレスを打ち込んで「仮登録」をしましょう。


仮登録したらこのようなメールが届くので、メールに記載されているURLにアクセスして本登録を行いましょう。


まずはユーザーIDとパスワードの設定です。どちらも半角英数字と記号で4~16文字ですが、ガッツリ金銭が絡むサービスなのでパスワードはできるだけ強固なものを使うようにしましょう。入力し終えたら「次に進む」を押します。


自分の住所や年齢、名前などの情報を正確に入力しましょう。嘘をついたらもれなく地獄行きです。きちんと事実を書くようにしましょう。


入力した情報にミスがないことを確かめ、利用規約を読んでから「利用規約に同意して登録する」ボタンを押しましょう。


本登録が完了すれば、こんな感じのメールが届きます。


この後行われる審査を通過すれば、正式に会員登録完了です。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: