選択権のない公立中学で部活を強制するのはおかしい。「部活しない」のは決して異端じゃない。

日本における公立中学でよくある糞システムが「強制的な部活動への所属」。経験のある方もそれなりにいるのではないかと。しかし、部活は基本的に「任意所属」です。「所属しない」という選択肢も当然あるものなのです。強制所属させるほうが実はおかしいのです(証明は後述)。

部活の強制は生徒に対する不当な拘束である(学校を選択できない公立中学では特に)

  • 学習指導要領において部活は正規の課程ではない。あくまでも「課外活動」であり、参加不参加は生徒が自由に決められる。
  • 同じく学習指導要領より「自主的、自発的な参加により行われる部活動」とある。やはり参加不参加を決める権利は生徒にある。
  • 公立中学は生徒が学校を選択できないことが多いので、部活動の強制は即刻廃止すべき。部活の強制による弊害はあまりにも大きい。
  • 部活で生徒を縛っていては、新しい価値の創造は夢のまた夢。部活も強制参加では得るものは殆ど無い。自由参加が大前提。

改めて部活の強制所属システムがおかしいことの証明

参考リンク:学習指導要領 第1章 総則(文部科学省)
上記参考リンクにある「第4 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項」第2項(13)にはこう書いてあります。「生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動については,スポーツや文化及び科学等に親しませ,学習意欲の向上や責任感,連帯感の涵養等に資するものであり,学校教育の一環として,教育課程との関連が図られるよう留意すること。その際,地域や学校の実態に応じ,地域の人々の協力,社会教育施設や社会教育関係団体等の各種団体との連携などの運営上の工夫を行うようにすること。」…堂々と「自主的,自発的な参加により行われる部活動」と書いてあるのがわかりますね。「自主的に」行うものを強制される義理はありません。部活動は、多かれ少なかれ生徒の自由な時間を拘束します。部活動を強制してしまっては、時間を拘束するという一点においては(極論すれば)徴兵制と全く変わらないシステムである、という見方さえできます。運動部では上下関係が厳しいことも多く、それこそいじめの温床になることもあります(運動部文化部関係なく)

また、生徒の部活動への所属を強制する条項はなく(自主的にと宣言しながらそれをやると矛盾が生じる)、学校側が生徒の自由な時間を部活動で強制的に縛ることを合理化する法律はありません。以上より、部活動を生徒に強制するシステムは、慣習以外に根拠はなく、様々な矛盾やルール違反を完璧に黙殺し、生徒の自由を不当に制限したうえで成り立つ、非常に理不尽なシステムなのです。

部活を強制することによる弊害と悲劇

部活を強制することにより、様々な弊害が出てきます。部活を強制させられるので、どうしても生徒の自由時間は減少します。勉強を放置せざるを得なくなり、結果として授業についていけなくなる生徒が出ることも多々あります。また、部活動も人間関係が発生し、それは閉鎖的なものになることが非常に多いです。生徒が所属するクラスを一つ増やすようなものでしょう。当然いじめが発生し、学校のいじめを隠蔽しようとする体質とあいまって、被害者生徒が泣き寝入りです。これはひどい

また、「部活なんざ絶対やらねえ!!」という生徒も当然います。自由な環境でこそ伸ばせる能力もあるというものです。学校の部活では決して得られない能力を、自由な環境で伸ばす人達もいるのです。彼らにしてみれば、部活動の強制は「不当な自由権の制限」「拷問」などのように映ります。当然やる気も下がり、部活強制という理不尽なシステムさえなければ卓越した才能で世に出たかもしれない彼らは抑圧と無気力の中で無為な時を過ごすことになります。コレは日本全体、世界全体で見ても大きな損失になりえます。

部活は任意。「所属しない」というのも立派な一つの選択肢。コレが当然の認識である。

最後にもう一度言いますが、部活動はあくまでも「自主的に」行うものです。強制するほうがおかしいのです。部活を強制するのは時代遅れも甚だしい、カビが生えるくらい古くて腐ったシステムです。そんなシステムを未だに続けている学校は、今すぐ部活の強制を廃止しなければなりません。そして、部活に所属しないのも、日本では異端とされる場合もありますが、ごく普通の立派な選択肢です。周りに流されずに自分のこだわりの強さを持つ。コレでいいと思います。そして自分の才能を開花させることができれば素晴らしい人生を歩めるのではないかと思います。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: