マイナンバー施行に固執しなくていいと思う理由。

突然ですが、私はマイナンバーは施行しなくていいと思っています。その理由は、
  • 個人情報を管理しているという意識が薄い(と言わざるをえない)現在の日本の役所でこれをやったら速攻で個人情報が漏洩すると思う。
  • 民間企業は様々な場面でマイナンバーを管理する必要に追われ、余計なコストを負担することになる。
  • 最終的に「国家が国民を逐一監視する」状態になりかねないと思う。
…そんな感じです。続きは以下

個人情報にパスワード保護すらかけないアホの集団が個人情報を扱う→個人情報が地獄絵図

某年金機構では、おびただしい量の個人情報が、パスワードもかけずに保存されていたといいます。いくら何でも今はパスワードくらいはかけているはずですが、国民の個人情報を扱うにしては意識が低すぎると言わざるを得ません。公務員試験でセキュリティ意識については問われていないのでしょうか。これからの公務員試験には「セキュリティ」を課さないといけないと思います。配点の4分の1くらいをこれにしてもいいかもしれません。さて、話がなんか変な方向に言った気がするので戻りましょう。

マイナンバーを施行したら何が起こるか。簡潔にまとめると、「最悪の場合、国中が地獄絵図になる。」といったところでしょうか。

国家と自治体が地獄絵図

マイナンバー導入→個人情報が流出する→叩かれる&システム強化にカネがかかる&公務員の再教育にもカネがかかる→結局カネがなくなって地獄を見る(国民も増税で地獄を見る)

国家と自治体はこんな感じになる恐れがあります(それもかなり高い確率で)

民間企業も阿鼻叫喚

マイナンバー導入→従業員のものも顧客のものも管理する羽目に→カネがかかる→利益が減る(従業員の給料も(略))

個人も阿鼻叫喚不可避

地獄は続くよどこまでも

マイナンバーには、将来的に銀行口座と紐付けする構想があります。これが行われると、国家がいつでも任意のタイミングである個人の預金資産を一瞬で正確に確認できます。また、お金が口座間でどのように動いているかがはっきりわかります。これによって、税金の魔の手から逃れることがほぼ不可能になります。また、資産額の把握が容易になるので、資産課税の布石ではないかとも言われています。税金をとった残りで形成される資産からまた税金を取られるわけです。そう考えると恐ろしい話です…。

地獄の果てにあるものは

マイナンバーは、国民全員に単一の番号を付与して、それにありとあらゆる情報を紐付けることによって、国民を監視することが可能になってしまうシステムです。便利な点も確かにありますが、今の体制のまま施行すれば、個人情報流出で地獄を見ることになると思います。追い討ちの資産課税ですから、踏んだり蹴ったりです。富裕層は、おそらく今回も抜け穴という抜け穴を駆使して当局に捕捉されないように資産を逃がすでしょう。結局バッドエンドです。今回は言いたいことが横滑りになった駄文垂れ流しでした。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: