「介護離職ゼロ」を目指すなら、介護職の賃金を月給10万円分は上げなければならない。

政府の方では介護離職ゼロを目指すとかなんとか言っていますが、それをやるためには、介護報酬を上げるなり税金を投入するなりして介護職の賃金をドカンと上げてやらなければならないと思います。

介護職の賃金は低すぎる!!(保育士さんなどにも言えるけど)もっとドカンと昇給しないと人は集められない!!

  • 平成26年賃金構造基本統計調査で、全産業の平均月給(一般労働者 産業大分類の表にある「男女計 学歴計 企業規模計(10人以上)」の「きまって支給する現金給与額」)は32万9600円。
  • 一方で、同年の介護職の平均賃金(一般労働者 職種 表番号1 「福祉施設介護員」の「きまって支給する現金給与額」)は21万9700円。(ちなみに「保育士(保母・保父)」は21万6100円、「幼稚園教諭」は23万1400円。)尋常じゃない差がある。
  • 介護職の労働環境はあまり良いとはいえない。ここらで平均賃金を10万円上げるなど大胆な待遇改善が必要だと思う。保育士などにも言えることだが。国民の健康寿命をのばすことも必要。

賃金が低くて仕事が大変な上に休みも取りにくい。介護職の三重苦

介護職の平均賃金が低すぎるのは先述しましたが、労働内容もなかなか大変なことになっています。入浴やトイレの介助、食事の補助etc…人手不足もあり、休暇のとりにくさ、シフトの過酷さはおそらく相当なものになっていることでしょう。仕事は大変。休みは取りにくい。そして給料も低い。人が集まらないのも当たり前です。

いくら介護離職ゼロを叫んだところで、労働条件を改善しないことには、もはやどうしようもないレベルです。現在の日本の介護システムは、現場の人達の善意とやりがいでかろうじて息をつないでいる状態だと思います。

日本の介護システムを維持するためには、介護職の待遇改善と健康寿命をのばすことは絶対条件。

ともあれ日本の介護システムは、抜本的改革が必要になってくるでしょう。とりあえず介護職の平均賃金を10万円上げて全産業平均と同水準にする必要があると思います。月20万円(平均)で自分の生活を維持しながら子供を産み育てるというのは、現在の日本の教育予算の貧弱ぶりを考えると、なかなか難しい物があると思います。というか物価が高いところだと自分の生活を維持するのも怪しいところではあります。

財源の問題は当然出てきますが、そこは国民に等しく負担を求めるしかないでしょう。当然ながら国会議員の歳費削減や予算の無駄の排除は必須です。消費税増税や介護サービスの自己負担割合の引き上げもあると思いますが、この状況下では致し方無いと思います。

また、日本人の平均寿命が長いのはよく知られている事実であり、素晴らしいことではありますが、健康寿命を長くするのも必要不可欠です。健康寿命が長くなれば、それだけ介護が必要な年数も短くなり、介護システムにかかる負担も小さくなります。寿命で死を迎えるその日まで元気に自分の足で歩ければそれが一番理想的ですが、そこまでは行かなくとも、頑張って健康寿命をのばすことには意義があります。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: