ネット銀行のすすめ

このページでは、ネット銀行のメリットや使いドコロを解説します。

ネット銀行のメリット

  • 24時間365日いつでも振込を行える。平日9時3時の縛りから解放される。
  • コンビニATMでいつでも好きなときに入出金が行える。(銀行にもよるが)手数料無料のところもある。
  • 普通預金でも高金利を得られるワザが使える。
続きは以下

ネット銀行を使う意義

ネット銀行は、基本的に(ATM利用を除く)すべての取引をインターネット上で完結させる前提でシステムができています(窓口を全国においたら人件費がかかり過ぎてどうしようもないです)。最近はインターネットも普及したので、ネット銀行が利用者数を伸ばす環境は十分に出来ています。

また、24時間365日、いつでも好きな場所で各種取引・手続きができます。現金が必要ならコンビニATMで下ろせばいいだけです。同じ銀行の口座なら、24時間365日いつでもすぐに振り込みが反映されるのも魅力です(他行振込の場合は銀行の通常の営業時間に準じます)。手数料も安いところがあるので、積もり積もれば結構な額を節約できるでしょう。

どこの口座がいいの?

当方では、
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
の3つをおすすめしています。特に住信SBIネット銀行は、ATM手数料や振込手数料の優遇っぷりが半端ないです。具体的に言えば、提携ATMからの入金は無制限に手数料無料。出金もセブン銀行・イオン銀行なら無制限に(略)、その他提携ATMも合計月5回までは無料です。月6回もATMからお金を下ろすことはあまりないと思うので、日常的な利用ならATM手数料は0です。振込も同行なら無制限に手数料0,他行も月3回までは0です。これはかなり魅力的です。

また、ジャパンネット銀行は、手数料方面はあまりパッとしませんが、年会費無料のVisaデビット付きキャッシュカードを標準で発行してくれます。また、カードレスVisaデビットも無料で利用できるのはすごいです。合計5つまでカード番号を持てる(発行・停止・再開手続きは全てネット上で完結する)ので、クレジットカードがない人は、ジャパンネット銀行をメインバンクにするのも悪く無いと思います。

どういう時に使うのさ?

日常生活においては、メインバンク級でも差し支えないと思います。どうしてもネット銀行ではアウトな取引のためにメガバンクか地元の地方銀行あたりの口座をひとつ開いて、普段の取引を全てネット銀行で済ませるのもお勧めです。

また、ネット銀行の口座は、当方で掲載しているお金稼ぎコンテンツの内容を実行する際にも不可欠になってきます。手数料が優遇されたり、そもそも手数料以前にネット銀行以外は振込先として認めない業者も存在します。なので、本格的にネットでお金稼ぎをするなら、上記3行の口座を最初に全部開くことをおすすめします。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: