「忍者AdMax」などで得た収益の受け取り方 PeXポイント編

WEBサイトを運営する上で、サーバー代やドメイン代などの経費をどこから調達するかは悩みの種です。Monacoinなどの暗号通貨で寄付を募るという手もありますが、やはり自サイトに広告を出してお金を調達するのがメジャーです。「忍者AdMax」を使えば、簡単な操作で自サイトに広告を出して収入を得ることができます。このページでは、得られた収益を実際に受け取る手順を解説します。

もくじ

  • 忍者ポイントの交換レートや有効期限など
  • PeXポイントに交換する
  • 現金に交換する(別ページ)

忍者ポイントの交換レートや有効期限など

ある月に忍者AdMaxなどで稼いだ収益は、翌月15日頃に「忍者ポイント」としてユーザーに渡されます。後述する手順でポイント交換申請を行えば、現金の場合は申請した月の翌月10日頃に指定した銀行口座に振り込まれ、PeXポイントの場合は申請後最大3時間程度でPeXポイントに変換されます。


収益額(付与されたポイント)は、管理ページ|忍者ツールズからアクセスできる忍者ポイント管理画面で確認することができます。


忍者ポイント管理画面で「獲得・交換履歴」をクリックすれば、これまでに獲得した忍者ポイントとそれを交換した履歴をチェックできます。

忍者ポイントは「1pt = 0.5円」、2ポイントで1円であり、基本的には1000ポイント(=500円)貯まれば現金またはPeXポイントに交換することが可能になります。忍者ポイントの有効期限は「最後にポイントを獲得or交換した日から1年間」なので、ポイントが交換可能になり次第早めに交換することをおすすめします。ただ、ポイントを継続的に獲得できていればポイント残高が無効になることはなく、収益が少なくても継続的に得られていれば交換可能額までたどり着けるのでその点は安心してください。

PeXポイントに交換する

PeXポイントを経由したほうがお得になる時

忍者ポイントを交換する場合、最終的なゴールは「現金」である場合がほとんどであると思われます。そのため、以下の条件に該当しない場合は直接現金に交換してもらう(銀行口座に振り込んでもらう)方が良いかもしれません。

  • 条件1.楽天銀行またはジャパンネット銀行(直接振込時に手数料無料となる対象)の口座を保有していない
  • 条件2.ECナビモッピーなどのポイントサイトで得たポイントをPeX経由で換金しており、各種ポイントの換金・入金を一本化したい
  • 条件3.(条件1を満たした上で)ゆうちょ銀行・みずほ銀行・住信SBIネット銀行のいずれかの口座を保有しており、そちらに収益を入金したい
PeX経由でゆうちょ銀行・みずほ銀行・住信SBIネット銀行(及び楽天銀行・ジャパンネット銀行)に収益を振り込む場合は手数料が50円に軽減されます(ジャパンネット銀行の場合は100円)が、その他の銀行だとPeXでの交換手数料が200円になってしまうので、ゆうちょ銀行・みずほ銀行・住信SBIネット銀行以外の銀行に収益を振り込む場合は忍者ポイントを直接現金に交換したほうがお得になります。

交換申請


管理ページ|忍者ツールズから忍者ポイント管理画面にアクセスし、「交換申請」を押します。


「忍者ポイントをPeXポイントに交換」ボタンを押します。


PeXのポイント口座番号を入力し、「個人情報の取扱いについて同意します」にチェックを入れ、入力内容にミスがないことをきちんと確かめてから「PeXポイントに交換する」ボタンを押しましょう。


確認画面が出てきました。問題なければ「OK」を押しましょう。この後、忍者ツールズに登録しているメールアドレスにメールが届くはずです。


こんな感じの確認メールが届くので、メールに記載されているURLにアクセスしましょう。


最後にもう一度確認です。問題なければ「PeXポイントに交換する」ボタンを押しましょう。


確認画面が出てきました。問題なければ「OK」を押しましょう。


交換申請が完了しました。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: