部活動強制加入という謎システム。生徒にも先生にも負担が重いので廃止を望む。

中学高校にあったりする「部活動強制加入」。もう日本では部活は参加して当たり前、帰宅部は異端、という空気が形成されてしまっているところもあるので疑問視しない人もいるかと思いますが、実は学習指導要領に、「部活の強制加入」の文字は全くありません。あくまで正規の教育課程ではない、生徒が「自主的に」行う活動なのです。生徒の自由意志なので、「加入しない」という選択肢もあるのが当たり前です。本来は「強制加入」のほうが異端なのです。

ここがヘンだよ部活動

  • なぜ「自主的に」行われるものを「強制」しているのか。その地点で問題じゃね?
  • 生徒に部活動を義務付けてたら、生徒の時間的身体的自由の制限になるんじゃね(部活動したくない生徒にとっては特に)?
  • そんなことしてたら先生も大変。部活動強制を即時廃止して、先生にももっと休暇を!部活の顧問をしたくない先生にとっても自由の制限だと思われ。

部活強制加入が異端である証明:学習指導要領より

学習指導要領第一章総則の、「第4 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項」にはこうあります。

(原文より抜粋)(13) 生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動については,スポーツや文化及び科学等に親しませ,学習意欲の向上や責任感,連帯感の涵養等に資するものであり,学校教育の一環として,教育課程との関連が図られるよう留意すること。その際,地域や学校の実態に応じ,地域の人々の協力,社会教育施設や社会教育関係団体等の各種団体との連携などの運営上の工夫を行うようにすること。

…はい、ここでもう完璧に「生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動」とあります。「自主的、自発的」にです。ホントは加入したくない人にこれを強制する義理はありません。部活の強制は、部活をやりたくない人からしてみれば、「自分の時間的自由を奪われている糞システム」というふうに捉えられます。よって、強制するほうが異端です。部活強制加入のシステムは、慣習以外に法的根拠がない(さらに言えば慣習を法的根拠にするのもむちゃくちゃ)、どこからどう見てもグレーゾーン(というか私にしてみれば完全にブラック企業の元凶・学習指導要領違反)なシステムです。

部活動が生徒に強いる負担

部活動は、生徒に多大な負担を強いるものでもあります。時間的自由を拘束され、顧問教師の理不尽な怒りにさらされることも珍しくありません。残念ながら。体育会系だとそれこそ土日祝日、長期休暇も全部部活漬け。休みは盆暮れ正月のみ。…何てところもあるかもしれません。こうしてブラック企業をブラックだと思わせない教育が行われるのでしょうか。これはひどい

こんな調子で全てを部活に捧げよ、なんてことをするから(特に体育会系が)運動嫌いの子供はますます運動が嫌いになり、体育の時間が苦痛でしかなくなるのではないか、と思います。私のの場合は、中学高校が(部活加入率は高いけど)部活強制は行わないところだったので、それだけでもまあまあ良かったのかなと思います。体育は嫌いですが。

もしもホンキで子供の体力向上を目指す政策を行うなら、運動系部活動の強制は究極の愚策です。アホ間抜けのろくに考えていない糞システムとして、永久に罵られ、「人権軽視・文化軽視・生徒の意見を無視した究極の過ち」のレッテルを張られることでしょう。それよりも軽運動部(仮称)の設置がいいと思います。

※軽運動部…朝練なし、放課後のみ、土日祝日・長期休みは活動なし・出入り自由な、科学的に効率的な方法によって体力の向上を図る部活動。ブラック企業や体育会系によくある精神論を一切廃し、個々人のペースでトレーニングを行うことができる。大会出場等は目的とせず、ノルマを課さない。ゆるい運動部。私が考案。休日は大事だよ。大会至上主義・勝利至上主義は持ち込み禁止。強制集合するのは月1が限度。長期休業中は強制集合禁止。

長年続いた部活動の強制。これはもう廃止する時期に来ています。部活動の大会至上主義・勝利至上主義と合わせて、しっかり考え直す必要があると思います。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: