とりあえず、「いじめ=犯罪」という共通認識を持とう。そして学校の治外法権を全部潰そう。

言いたいことはタイトル通りです。まず、「いじめ=犯罪」なのです。「いじめ=犯罪」なのです(大事なことなので2度言いました)。

一体全体何が言いたいのさ?

  • とりあえず、「いじめ=犯罪」。この共通認識が浸透しないと、いじめ(犯罪)で苦しむ人は永遠に出続ける。
  • 何故か犯罪行為そのものな事件が学校で起きても、絶対表に出ない。学校は隠蔽型閉鎖監獄(治外法権あり)かよ。
  • 学校に治安維持システムなんてものはありはしない。いじめ(犯罪)を受けたら警察か弁護士に相談!!いじめ(犯罪)を受けたら警察か弁護士に相談!!いじめ(犯罪)を受けたら警察か弁護士に相談!!(大事なことなので3度言いました)
詳細は以下

とりあえず、「いじめ=犯罪」。この共通認識が浸透しないと、いじめ(犯罪)で苦しむ人は永遠に出続ける。

この共通認識は、日本に住むすべての人が持たなければならないと思います。何度でも言いますが、「いじめは犯罪」です。例えば…
  • 被害者に対して殴る等の暴行をした(ものを投げる等で相手に触れなくても当たらなくても該当) → 暴行罪になります。
  • ↑などの結果相手を負傷させた → 傷害罪になります。
  • 同継続的に(とは限りませんが)精神的な嫌がらせをして相手が精神疾患になった → これも傷害罪になります。
  • あることないことを言いふらしたり、からかったりした(言った事の真偽は関係なし) → 名誉毀損罪になります。
  • 相手を馬鹿にする → 侮辱罪になります。
  • 相手を脅す(「殺すぞ」など) → 脅迫罪になります。
  • やりたくないことを強要する(パシリなど) → 強要罪になります。
  • 金銭等を無理やり出させる(カツアゲ等) → 恐喝罪になります。
  • 同無理やり奪い取る → 強盗罪になります。
  • 物を盗む → 窃盗罪になります。
  • 体操服や上履きなどを破壊する、ノートなどにいたずら書き・物を隠す → 器物破損罪になります。
  • 性的ないじめ → 強制わいせつ罪になります。
…ここまで見てきましたが、学校内で起こるいじめの大半が、このいずれかに該当するものと思われます。なんということでしょう。これにて「いじめ=犯罪」は証明されました。おまわりさんこっちです。さっさと学校内に突入して捜索してください。いじめ被害者を救済せずして、何のための警察ですか!!そして全国のいじめ被害者の皆様。遠慮することはありません。今すぐ警察に相談しましょう!突っぱねられたら、その時はその時です。弁護士に相談しましょう。きっと道は開けます。法テラスに相談してもいいでしょう。

学校は治外法権があるのか?

答えは、「法律にそんなことはどこにも書いていない。だが現実には治外法権が常時発動し、治安が極度に悪化している地域もある。」みたいな感じでしょうか。

常々思いますが、学校とは不思議なものです。学校内でいじめ事件(例えば相手をぶん殴ったと想定)が発生したとして、先生による仲裁で、反省してなさそうな謝罪だけで済まされたり。経験ありませんか? でも、道端で突然見ず知らずの人をぶん殴ったらどうなりますか?速攻で警察行きですね。そして何かしらの制裁を受けることになります。

  • 学校で人を殴る → 先生の仲裁(ほとんど制裁になってない) or 泣き寝入り(これはひどい)
  • 道端で人を殴る → 速攻で警察が登場
なんてこった!

とまあ、こんな状況なので、先生に相談したところで、事態の根本解決、再発防止につながるかは非常に微妙であると言わざるを得ません。いじめ犯罪は、常習化しやすいです。常習犯には、もう先生はあてになりません。

対処法は?

まず最初に、先生をすっ飛ばして、

親と警察(または弁護士)に相談しましょう。

見出しタグを使用するくらい重要です。学校と戦争する勢いでないと根本解決を望めないのが悲しいところだと思わなくもないですが、致し方ありません。学校は、非常に隠蔽体質な組織なのですから。大津事件で痛いほどわかりました。自らの人権と尊厳と将来と生活の安寧を奪還するためにはこれしかないです。とにかく警察に被害届を出しましょう。受理されなかったら、弁護士に相談しましょう。裁判も視野に入れて対処すべきです。証拠集めも忘れずに。

最後に

どう頑張っても、いじめは学校があるかぎり、起こり続けると思います。しかし、「いじめは犯罪」です。今までは警察も沈黙を保ち続けましたが、それも打破されてしかるべき時が来ています。学校に存在する治外法権(主に領事裁判権もとい先生裁判権 ←絶対ありえない!!!!)も、この際全て潰すべきです。未来をつかむためには、今こそ学校改革が必要なのです!

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: