大阪市教育委員会はいじめを隠蔽した教職員を懲戒処分の対象にした。この方針を素直に賞賛したいし、全国でやってほしい。

もはや日本においていじめと無縁でいられる子供の数はそんなに多くはありません。今この瞬間も、日本の子どもたちの何割かは、いつ終わるともしれないいじめの脅威に怯えながら日々を過ごしているのです。そんな中で、大阪市教育委員会の発表した方針に、希望をつなげる人もいるのではないかと思います。

大阪市教育委員会「大阪市いじめ対策基本方針~子どもの尊厳を守るために~」
いじめ対策基本方針(PDF/本文内でここから引用した箇所あり)

コレこそが今すぐ実行されるべきいじめ対策足りうるものだ!

  • 「いじめを隠蔽した教職員は懲戒処分」。コレこそが大きな目玉だ!教職員によるいじめの隠蔽は直ちに徹底的に叩かなければならない!!
  • 回復すべきは「人間関係」よりも「個人の尊厳」(原文PDFママ)。コレも大事。小中学校のような人間関係が固定化される環境下でも、人間関係を断ち切る自由は保証されるべき。
  • この方針がきちんと実行されれば(それが大変なのだが)被害者には多少なりとも希望の光になる。大阪市教育委員会にはこれからもいじめから子どもたちの尊厳を守るために頑張ってほしい。
  • 「いじめ隠蔽→懲戒処分」の流れは日本全国どこでも必要。コレが日本標準になることを渇望する。

いじめを隠蔽する教職員は殺人犯並みに凶悪だと思う。

いじめが発生してしまったら、もうそれは仕方ありません。防げなかったことは反省すべきことかもしれませんが、それより何よりも、目の前で発生しているいじめから被害者を救済することのほうが優先順位が高いことはだれだってわかるはずです。しかし、いじめを隠蔽されては、解決のしようも救済のしようもありません。教職員が隠蔽に関わっていたらアンチシナジーのフルコンボです。

なので、いじめを隠蔽した教職員を懲戒処分することは、非常に合理的であり、必要なことになります。大阪市教育委員会の「何が何でも隠蔽させない」という気迫を感じられます。どっかの大津市教育委員会以下いじめを隠蔽した教育機関全ては、この方針を見習わなければならないでしょう。教職員のいじめ隠蔽は、相当な重罪だと思います。

回復すべきは「人間関係」よりも「個人の尊厳」(原文PDFママ)。人間関係の修復よりもまずは被害者の救済!

日本人は、知らず知らずのうちに「仲良し至上主義」染まっているひとが多いのではないかと思います。確かに仲がいいことはいいかもしれませんが、いじめ被害者と加害者の間には、深くて大きい溝がどうしてもできます。そしてその溝は、もう埋めることは不可能なことが非常に多いです。そこを無理やりくっつけようとすれば、一瞬にして歪が生じ、いじめ被害者にしてみればこの上なく迷惑です。

平和的・建設的な人間関係を維持するためには、時には人間関係を絶つことも必要になってきます。日本においては、人間関係を絶つことはタブーとされてきた面もあるかもしれませんが、いじめ問題を解決するには、被害者の尊厳・人権を守るためには、避けては通れない、必要なことです。大阪市教育委員会は、そのあたりもわかっているらしく、

いじめに苦しんでいる子どもに、いじめを行っている子どもとの人間関係を断ち切る自由を保障する必要があり、大人には、いじめられている子どもをいじめが行われている閉鎖的な集団から解放する責任がある。

と書いています。これは、日本におけるいじめへの対処に欠けていた、そして絶対に必要なことです。個人の尊厳・人権は守られなければなりません。

いじめと無縁でいられる子供は多くない。大人たちはいじめ問題に蓋をせず、真正面から正々堂々と対処しなければならない。隠蔽するのは殺人同然!

日本の教育環境では、学校はさながら地雷原です。少なくとも小中学校は。その地域に住んでいたというだけで十把一絡げに突っ込んでしまう以上、無理もありません。高校では受験で学力輪切りになるので多少ましになる面もありますが、いじめの脅威から完全に解放されるには大学進学を待たなければならない人もいると思います。

そうである以上、教育に関わる大人は、いじめ問題から目を背けてはいけません。いじめを隠蔽することは、凶悪殺人犯並みに悪質な行為であり、生徒から「お前は人間じゃねえ!!」と罵倒されても、被害者とその保護者にダイナマイトを投げられても文句を言えないくらい重罪です(少なくとも私はそう思います)。被害者の尊厳と人権を守ることを第一に、きちんと解決を図る必要があります。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: