水害対応で発生したすさまじい残業代も、きちんと労働の対価として支払うべき。

関東・東北豪雨 | 常総市職員、残業で給与100万円超も – 毎日新聞←こちらの記事によると、2015年9月の豪雨で茨城県常総市は甚大な被害を受け、その時に残業時間が全職員平均139時間、最高で342時間に達したとのこと。しかし今回の問題はそこではありません。コレによって発生した多額の残業代が問題になっています。残業代込みで9月分の給与が100万円オーバーな職員も十数名いたとのことです。一部では市職員が多額の給与を受け取ることに問題があるという意見があるようですが、私はこのような場合でもきちんと100%残業代を払うべきであると考えます。

高額な残業代を支払うことには何ら問題は存在しない。むしろ払わないほうが100倍問題だ!!

  • 市職員たちは自らも大変な状況の中で過酷な業務に従事した。その対価として発生する残業代に問題は何一つない!!
  • 公務員も一般企業の会社員も残業代は例外なくきちんと100%支払わなければならない。このようなケースでもきちんと支払うべきである。
  • このケースで残業代不払い・減額を認めたらブラック企業がますます増えるだけ。残業代をきちんと100%支払わないのは労働基準法違反ですよ!!

なぜ残業代をきちんと支払うことに問題があるのか!?支払わないほうがブラック企業だろ!!

まずはじめに言います。

残業代をきちんと100%支払わないのは労働基準法違反です。

残業代をきちんと100%支払わないのは労働基準法違反です。

大事なことなので2回言いました。

なぜ過酷な勤務の対価として発生した残業代を問題視する人がいるのか。安易に公務員の高額な残業代だというだけで批判してしまうその発想がが怖いです。なぜ労働基準法を遵守して残業代を支払うことに問題があるのか。普通は労働基準法を守らなくて問題が発生するところです。しかし今回の例ではおそらく労働基準法を遵守して残業代が支払われているものだと思います。そのことについては何ら問題ありません。むしろ緊急対応時の残業代の取り扱いにおける模範であるとさえいえます。きっちり支払うのが当然です。

非常事態だからといって残業代支払の義務が免除されるわけがありません。労働基準法が災害時にはなくなるなんて話は聞いたことがありません。その意味で今回の常総市の対応は非常に正しいです。災害時でも残業代をきちんと支払っています。一部では災害時の特別給与体系が云々という話があるようですが、その必要は全くありません。時間の無駄です。災害時でもきちんと残業代を計算して支払っておしまいです。

ブラック企業を根絶するためにも公務員の残業代はきちんと出さなければならない。一般企業の模範として。

もし公務員だからといって残業代の不払いが認められてしまったら、さんざんゼ○ショー(す○家)やワ○ミなんかで問題になったブラック企業がますます増加してしまいます。労働基準法なにそれおいしいの状態です。そんな状況にすることは絶対にいけません。労働基準法はどんな職場でもきちんと順守されなければならないのです。なので、まず国家や地方公共団体が残業代をきちんと支払う模範を見せなければならないのです。公務員だから残業代無しでも問題ないなんて思想の人が明らかに問題です。最後にもう一度。

残業代をきちんと100%支払わないのは労働基準法違反です。

残業代をきちんと100%支払わないのは労働基準法違反です。

大事なことなので2回言いました。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: