PHPでエラーメッセージを表示させる・エラーのログを確認する

PHPでWEBサイトを構築するときなどに、画面が真っ白になることがたまによくあります。PHPでのエラーが原因(つまりコードにバグが有る)なことも多いですが、エラーログもエラーメッセージもなしにバグを潰しにかかるのは至難の業です。本番環境ではエラーメッセージ表示は止めたほうが良かったりしますが(私はfaucetとかでエラーメッセージを出す設定のまま公開してます(汗))、開発中はエラーメッセージを出したいので、出し方を解説します。

目次

  • エラーメッセージを表示するphp.ini
  • エラーログの確認

エラーメッセージを表示するphp.ini

エラーメッセージを表示させたいディレクトリ(あるいは元締め)のphp.iniを開いて編集します。 log_errorsの文字列を探して、OffになっているところをOnに書き換えます。なければ追記します。コメントアウトしてあったら外しましょう。

こんな感じの明らかにエラーなコードを作成し、アクセスしてみれば、エラーメッセージを確認できるはずです。

エラーログの確認

エラーメッセージを画面上に表示できない場合は、面倒ですがApacheのログを見るか、PHPのログを見ることになります。元締めのphp.iniを開き、

みたいな記述があれば、そのログを開いてみます。なければ、Apacheのログ(例:/var/log/httpd/error_log)を見て確認します。エラーログは、バグの原因がわからない時に、バグを潰すヒントをくれます。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: