WordPressでHTMLの自動整形を停止するプラグイン「PS Disable Auto Formatting」

WordPressにおいて、HTMLモード(自分でタグ打ち)で入力していると、WordPress側の自動整形機能で、HTMLコードが改変されます。鬱陶しいので、この機能は無効化してしまいましょう。そんな時のためのプラグイン「PS Disable Auto Formatting」を紹介します。

概要

  • 記事内容・コメントなどに対する自動整形機能を停止できる。
  • プラグイン利用開始前の記事が正常に(見た目が)表示されるよう、一括処理をかける機能も搭載。
  • 一括処理時にはリビジョンが作成されるので、不具合が生じても復元可能。
詳細は以下

インストール


WordPressのプラグイン検索で、「PS Disable Auto Formatting」で検索します。出てきたプラグイン(PS Disable Auto Formatting)をインストールしてください。


インストール後、有効化してください。

使い方

有効化後、「設定」→「自動整形」にアクセスします。


鬱陶しい自動整形も、これでおさらばです!停止する箇所をチェックし、「変更を保存」で停止するはずです。

また、プラグイン利用開始前(自動整形が有効)に投稿された記事の段落・改行が利用開始前のまま表示されるように、過去記事全てに対して、自動段落整形の処理を行えます。


「一括整形処理を許可」をチェックし、「一括整形処理」を押せば、一括自動段落整形処理が行われます。処理前のページのリビジョンも作成されるので、不具合が発生しても復元可能です。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: