さくらレンタルサーバーのメール設定

このページでは、さくらインターネットのレンタルサーバーに独自ドメインを導入したあとのメールアドレス設定を解説します。

概要

  • 一つのサーバーに設定できるメールアドレスの数は無制限。
  • メールボックスの最大容量はメールアドレス一つにつき10GBまで(スタンダードプラン)。
  • 基本的にドメインごとに同じメールアカウント名を分けて使うことはできないので注意。
詳細は以下

本気出して解説

使用したい独自ドメイン名は追加されているものとして解説を始めます。(ドメイン追加の解説はこちら)


コントロールパネルから「メールアドレスの管理」


メールアドレスの追加で、好きなアドレスとパスワードを指定し、追加します。

注意事項

冒頭でも少し触れましたが、基本的にドメインごとに同じメールアカウント名を分けて使うことはできません。つまり、

a@example.com
b@example.com
c@example.net
この組み合わせは別のメールアドレスとして認識されますが(当たり前)、

c@example.com
c@example.net
この組み合わせは同じメールアドレスとして扱われます(c@example.net は c@example.com の別名扱いです)。

この辺りには留意して設定しましょう。

追加後の設定

無事にメールアドレスを追加できたら、早速設定を変更します。


「変更」をクリック


この画面では、

  • メールアドレスの説明
  • メールボックスの最大容量
  • パスワード
  • 転送設定(転送専用設定も可能)
  • ウイルスチェック
  • アドレスの変更
が可能になります。最初はメールボックスの最大容量と転送設定をやっておきましょう。メールボックスは、MB単位で指定し、スタンダードプランの場合は最大で10240MB(=10GB)まで設定できます。転送専用での運用でないのならば、それなりに大きな値を(というより最大値限界を)設定することを推奨します。転送専用設定ならば、最低限の設定でもいいでしょう。

転送設定は、メールをボックスに残すか転送専用にするかと転送先の設定になります。追加ボタンから転送先を追加していきましょう。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: