さくらレンタルサーバーでファイル一覧(Index of)を表示させない方法を2つ紹介

投稿日:2015年06月09日
最終更新日:

さくらレンタルサーバーでは、参照するフォルダ内にインデックスファイル(index.htmlやindex.phpなど)がない場合は、ファイル一覧(Index of)が表示されます。しかしこれは、セキュリティ上あまりよろしくないので、Index ofを表示させない設定を施す方法を紹介します。

2つのやり方

  • 1.ファイルマネージャーから設定する(サクッとできる・楽)
  • 2.Index ofを表示させない階層にindex.htmlを設置する(面倒)

詳細は以下

1.ファイルマネージャーから設定する(サクッとできる・楽)

楽に全体設定できるので、特殊な事情がない限りはこちらを推奨します。



サーバーコントロールパネルから、ファイルマネージャーに入ります。



ファイルマネージャーでルートディレクトリ(/home/ユーザー名/www)を参照していることを確かめ、表示アドレスへの操作→アクセス設定



「indexファイル」の設定で、「ファイルが存在しない場合の動作」を「アクセスを拒否する」に設定し、OKすれば、設定完了です。

2.Index ofを表示させない階層にindex.htmlを設置する(面倒)

こちらはやや面倒なやり方になります。Index ofを表示させたくないすべてのディレクトリに、空っぽのindex,htmlを設置し、アクセスしても空白のページしか表示されないようにします。一部のディレクトリだけIndex ofを表示させたいなど、特殊な場合にはこちらを採用します。

空っぽのindex.htmlの作成

当方はindex.htmlで行いますが、別にindex.phpでも構いません。ぶっちゃけ「index.htmlというファイル名のファイルがそこに有る」事が重要なので、内容は一切なしでもいいです。極論すれば適当な半角英数字一つだけのファイルでもいいので、テキストファイルを作成し、index.htmlというファイル名で保存してください。

↑私はこんな感じのファイルを設置しています。

index.htmlの設置

作成したindex.htmlを、ファイル一覧を表示させないディレクトリ(/home/ユーザー名/www 以下)全て(サブディレクトリ含めて)に設置します。

/home

 ├/ユーザー名

   ├/www(Index ofを出さない)

    |└index.html

    |

    ├file1(Index ofを出さない)

    | |└index.html

    | └subfile1(Index ofを出す)

    |   └任意のファイル(インデックスファイルを置かない)
    └file2(Index ofを出さない)

      |└index.html

      ├subfile2(Index ofを出さない)

      |└index.html

      └subfile3(Index ofを出さない)

       └index.html

こんな感じで、/www以下(ネット公開される)のIndex ofを表示させたくないディレクトリ全てに(www自身も含めて)index.htmlを設置するので、かなりの労力を要求される可能性もありますが、やり方の一つとして、覚えておいて損はないと思います。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: