さくらのレンタルサーバでLet’s Encryptを利用してWEBサイトをSSL/TLS化する

昨今は一般のWEBサイトでもSSL/TLSを導入する流れとなっており、このページにアクセスされた方の中にも、自分のWEBサイトをSSL/TLS化しようと考えている方がいるかと思います。このページでは、さくらのレンタルサーバ でLet’s Encryptを利用して追加料金無し・更新作業不要でWEBサイトのSSL/TLS化を行う手順を解説します。

設定手順

  • 使用できるSSL/TLSの仕様等
  • 証明書の取得・導入
  • WEBサイトのリダイレクト設定

使用できるSSL/TLSの仕様等

さくらのレンタルサーバ では、Let’s Encrypt以外にも様々な種類のSSL/TLS証明書を使用することができます(有料)。Let’s Encryptを使用する場合、仕様は以下のようになります。

  • 使用できるSSL:SNI SSLのみ(ビジネスプロプランではIPアドレスベースSSLも使用可)
  • 使用料金:Let’s Encryptを使用する場合は追加料金無し(一般のSSL/TLS証明書の場合は取得費用を自己負担)
  • 有効期限(Let’s Encryptの場合):90日(自動更新されるのでそこまで意識しなくても大丈夫)
詳細は独自SSL(IPアドレスベース/SNI(ネームベース)) | 機能・オプション紹介 | さくらインターネットなども参照してください。

証明書の取得・導入


まずはさくらインターネットの会員メニューからサーバコントロールパネルにアクセスし、「ドメイン/SSL設定」画面にアクセスしましょう。その後、SSL/TLS化したいドメインで証明書の「登録」ボタンを押します。


「無料SSLの設定に進む」ボタンを押しましょう。


「無料SSLを設定する」ボタンを押しましょう。


SSL/TLS証明書発行手続きが完了しました。この後しばらく(数十分から数時間)待てば、無事に設定が完了して設定完了メールが届くはずです。


設定が完了すると、このようなメールが届きます。これで設定を済ませたドメインにはHTTPS接続できるようになります。

WEBサイトのリダイレクト設定

ここまでの設定で、WEBサイトにHTTPSを使用して接続することは出来るようになりました。が、この段階ではHTTP(SSL/TLS未使用)とHTTPSの両方でアクセスできるため、セキュリティレベルをより高めたいのであれば、ユーザーがHTTPでアクセスしてきた時にHTTPSを使用したURLに転送する(リダイレクト)設定を行うことになります。

というわけで、HTTPS化したWEBサイトのルートに、以下の内容の.htaccessを配置しましょう。

これにより、HTTPでアクセスしたユーザーは強制的にHTTPSでのアクセスに切り替えられ、目的のページが表示されます。http://example.com/hoge.phpにアクセスしたら、https://example.com/hoge.phpが表示されるということです。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

モナゲボタン モナゲボタン

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: