高機能でフリーなスクリーンショット&編集ソフト「Screenpresso」の使い方

スクリーンショットを撮るだけでなく、撮影後の高度な編集機能まで搭載している超高機能なスクリーンショットソフト「Screenpresso」の使い方を解説します。インストール方法は別記事で解説します。

概要

  • スクリーンショットの撮影・編集ができる。撮影範囲は全画面・アクティブウインドウ・指定範囲・前回指定範囲。
  • 「自動スクロールを使ってスクリーンショット」機能がある。WEBページ全体のスクリーンショットを取りたいときなどに便利。
  • 便利な編集ソフトを内蔵。矢印や四角形の描写、文字の挿入など様々な機能を搭載。トリミングやサイズ変更も標準装備。
詳細は以下

使い方(スクリーンショット撮影)

スクリーンショットの撮影は、


こんな感じで右クリックメニューから行うか、設定したホットキーを用いて行います。スクリーンショットを撮れる範囲は、主に

  • 指定範囲
  • アクティブウインドウ
  • 前回の指定範囲
  • 全画面
の4つです。また、「自動スクロールを使ってスクリーンショット」という機能があり、指定した範囲をスクロールしていくとスクロールした範囲全体のスクリーンショットが取れる機能があるので、WEBページのスクリーンショットを撮るときなどに便利です。

使い方(Screenpressoの画像編集機能(内部エディター))

スクリーンショットは、とったら撮りっぱなしではなく、加工することが多いと思います(解説画像とかなら特に)。Screenpressoには画像編集機能が内蔵されているので、そちらで画像を編集してみましょう。


ワークスペースから編集ボタンを押せば、こんな感じの編集画面が現れます。
メインタブには

  • 画像の保存・印刷メニュー
  • 矢印の描写
  • 四角形の描写
  • 文字の挿入
  • 吹き出しの挿入
  • 番号の追加
  • ぼかしの挿入
…などの様々な機能があります。また、画像タブでは
  • 画像のサイズ変更
  • トリミング
  • 枠線追加
ができます。どれもボタンを押せば直感的に操作できます。いろいろ試してみましょう。

このブログを応援する・寄付する

当ブログでは暗号通貨による寄付を募っております。

Bitcoin:

Monacoin:

Litecoin: